砂の中で作る「トルココーヒー」とは?自宅でのおすすめの淹れ方&飲み方

更新日:

砂の中で作る摩訶不思議なトルコ伝統の「トルコ・コーヒー(別名ターキッシュコーヒー)」。その歴史は古く500年以上前に誕生し、現在世界中の人に嗜好品として飲まれているコーヒーのルーツと言われています。16世紀のオスマン帝国時代から中近東諸島で広く受け継がれてきたトルココーヒーは煮出して作るためエスプレッソを彷彿させるようなどろっした濃厚な味わいが大きな特徴。

この記事では、トルココーヒーとはどんなコーヒーか特徴とともに、自宅での淹れ方と飲み方を紹介しています。また、トルコで人気となっているコーヒー占いについても紹介しているので是非参考に。

トルココーヒーとは

トルココーヒー

トルココーヒー(Turkish Coffee)とは、手鍋でコーヒー粉と水、砂糖を煮出して作るトルコ伝統のコーヒーです。トルココーヒーは16世紀のオスマン帝国時代に誕生し、現在に至るまで500年以上もほぼ変わることなくその伝統が受け継がれトルコを始め中近東で多くの人に愛飲されています。2013年には「トルココーヒーの文化と伝統」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。

トルココーヒーは日本定番のドリップコーヒーとは違い、煮出して作るためかなり濃厚な味わい。とても濃いため、普通のコーヒーカップではなくエスプレッソカップのような小さいカップで少量飲むのが一般的です。トルコでは今も伝統的なトルココーヒーが広く地元の人に飲まれているのでトルコへ行ったら是非トルココーヒーを飲んでみるのがオススメ。

トルココーヒーはコーヒーの元祖

トルココーヒー

実はトルココーヒーは、現在世界中で広く飲まれているコーヒーの元祖的存在です。コーヒーと言えば、エスプレッソ発祥の地であるイタリア、カフェ文化発祥の地と言われるオーストリア・ウィーンを始めヨーロッパがコーヒー文化の始まりと思っている人も多いと思います。しかし、世界で初めてコーヒーを提供するカフェ「コーヒーハウス」が誕生したのは実はトルコであり、そこでコーヒーとして提供されていたのが今のトルココーヒーなのです。

コーヒーはもともとは薬用として飲まれていました。しかし、16世紀中頃のオスマン帝国時代に現在のトルコの最大都市であるイスタンブールで世界初のコーヒーハウス「カフェ・ハーネス」が誕生し、瞬く間にコーヒーが嗜好品として人々の間に浸透していきました。トルコで始めったコーヒー文化がその後、イタリア、オランダ、イギリス、フランスへと伝わり、今日のヨーロッパのカフェ文化、そして世界のカフェ文化が誕生したのです。

トルココーヒーの特徴

特徴①ジェズヴェで煮出す

トルココーヒーポット「ジェズヴェ」

トルココーヒーの大きな特徴は、トルコ伝統のコーヒーポットであるジェズヴェ(cezve)を使い、コーヒー粉を水、砂糖を一緒に入れて煮出して作ること。ジェズヴェは1人、2人分のコーヒーを作れる程度の手鍋で、熱伝導率の高い銅または真鍮で出来ており、手が熱くならないように長い柄がついているのが特徴です。

ドリップコーヒーのようにコーヒー粉を濾すのではなく煮出すので通常のコーヒーよりもどろっとした濃いコーヒーに仕上がります。エスプレッソのような濃厚なコーヒーで、普通のコーヒーカップではなく小さいデミタスカップに注いで飲みます。

特徴②火ではなく砂の中で加熱する

砂の中でコーヒーを加熱する

トルココーヒーの特徴の二つ目は、火ではなく砂で加熱すること。具体的に熱した砂の中に手鍋のジェズヴェを入れてコーヒーを沸かします。実際に砂の中に入れるだけでコーヒーが湧いてくる様子は魔法を使っているようでとても魅力的です。日本では砂の中で加熱するトルココーヒーを飲める場所はほとんどありませんが、トルコへ行けば砂を使った本格的なトルココーヒーを飲むことが出来ます。

また、中近東でも家庭では砂ではなくコンロの火で加熱するのが一般的です。そのため自宅のコンロを使って日本でも簡単にトルココーヒーを作ることが出来ます。

特徴③濃厚な味わい

トルココーヒーを飲む人

トルココーヒーの特徴の三つ目は、とても濃厚な味わいであること。日本で多く飲まれているドリップコーヒーはコーヒー粉にお湯を濾してコーヒーを抽出するため、さらさらですっきりとした味わいです。一方、トルココーヒーはコーヒー粉を水と砂糖と一緒に手鍋で煮出すため、液体はどろりとしており味わいもとても濃いです。例えるならエスプレッソのように苦味の強いコーヒーです。人によってはどろりとした飲み心地や強い苦味にまずいと感じるかもしれません。

しかし、トルココーヒーは最初は多少の抵抗があっても飲み進めるにすれてその美味しさに病みつきとなります。トルココーヒーは深い味わいの中に自然な甘みもあるので、疲れた時の休息にもオススメ。苦味が強いコーヒーが苦手なら少し多めに砂糖を入れて作ると良いです。

トルココーヒーの淹れ方

自宅でトルココーヒーを作る

用意するもの

  • ジェズヴェ(手鍋)
  • カップ
  • スプーン
  • 極細挽きのコーヒー粉8g
  • 水80cc
  • 角砂糖1個

トルココーヒーを淹れるためには、トルコ伝統のコーヒーポットであるジェズヴェが必要です。ジェズヴェは日本ではイブリックと呼ばれることも多いです。イブリックは、大手メーカーであるカリタを始めいくつかのメーカーが販売しているので日本でも簡単に手に入れることが出来ます。また、わざわざ買わなくてもミルクパンのような小さな鍋でも代用可能です。

コーヒー粉は煮出すため粉末状の極細挽きのものが必要です。

淹れ方

  1. ジェズヴェにコーヒー粉8g・水80cc・角砂糖1個を入れる
  2. ジェズヴェを弱火にかける
  3. 表面に泡が盛り上がってきたら一旦火から下ろし泡だけをスプーンですくってカップへと移す
  4. 再び弱火にかけ同様に泡が盛り上がってきたら火から下ろし泡だけスプーンを使いカップへと移す
  5. 三度弱火にかけ同様に泡が盛り上がってきたら火から下ろし泡だけスプーンでカップへと移す
  6. 最後に弱火にかけながらかき混ぜる
  7. 泡をつぶさないようにそっとカップへとコーヒーを注ぐ
  8. コーヒーの粉が沈むのを少し待ち完成

トルココーヒーの淹れ方は、まずはジェズヴェに材料であるコーヒー粉と水、角砂糖を入れます。そして弱火にかけます。弱火にかけることでトルココーヒー特有の表面の細かい泡を作ることが上手く作ることが出来ます。コーヒーが煮出すと表面に泡が盛り上がってくるので、一旦火から下ろしスプーンで泡だけすくってカップへと移します。その作業を数回繰り返します。最後の泡をカップへと移したらかき混ぜながら少し火にかけて残りのコーヒー液を全部カップへとゆっくり注ぎます。この時、せっかく作った泡をつぶさないようにゆっくりと注ぐことが大切です。

美味しいトルココーヒーを淹れるポイントは「泡」

表面に綺麗な泡があるトルココーヒー

美味しいトルココーヒーの決め手となるのは、表面に浮かぶきめ細かい泡です。この泡にはコーヒーの良い香りが包まれており、上手に淹れられたトルココーヒーほど表面全体を均等にきめ細かい泡が覆っています。トルココーヒーを自宅で作る時は、この泡を意識して作ることが大切です。

トルココーヒーの飲み方

トルコ流の飲み方で飲む

トルココーヒー

トルココーヒーは、コーヒー液と水、砂糖を一緒に煮出して作り、そのまま飲むのがオススメ。特に出来上がった後に砂糖やミルクは入れません。苦味が強く感じる場合は、コーヒーのお供にチョコレートなどの甘いお菓子を一緒に食べると良いでしょう。トルコでもトルココーヒーのお供には甘いチョコレートが人気です。

また、飲む時に一番注意しておくのは、上澄みだけを飲むということ。カップに注がれたトルココーヒーの底の方にはたくさんの泥状の粉がたくさん入っています。無理に全部飲み切ろうとすると口の中が粉まみれになってしまうので、粉が沈殿している底の部分を除く上澄みだけを飲むのが基本的な飲み方です。

ミルクを入れて飲むミルク・トルココーヒーもオススメ

ミルク・トルココーヒー

伝統的なトルココーヒーにはミルクは入れません。しかし、現在はトルコでもミルクを入れるミルク・トルココーヒーというアレンジメニューも存在しているのです。現地の言葉で普通のトルココーヒーは「TURK KAHVESI(トゥルク・カフェスィ)」で、ミルクを入れたのが「SUTLU TURK KAHVESI(ストゥル・トゥルク・カフェスィ)」。

ミルクトルココーヒーは作り方は簡単。普通のトルココーヒーはコーヒー粉と水、砂糖を入れて作りますが、ミルクトルココーヒーは材料に水ではなくミルクを使うだけ。ミルクトルココーヒーはマイルドな味わいとなるので普通のトルココーヒーよりもまろやかで優しい味を求める人にオススメ。

トルココーヒーを飲んだ後はコーヒー占いに挑戦

トルココーヒーの模様

トルココーヒーを飲んだ後は、コーヒー占いをしてみるのがオススメ。実はトルコでは女性を中心にコーヒーを飲んだ後にコーヒー占いをするのが定番です。普通に友達同士で占いをするのはもちろん、コーヒー占いを専門にするお店もあるぐらいトルコではコーヒー占いが人気。

コーヒー占いは、飲んだ後のカップに残った粉の形状を見て飲んだ人の運勢を占うものです。

トルココーヒーの占いのやり方

トルコのコーヒー占い

  1. コーヒーを飲み終える
  2. コーヒーカップに受け皿(ソーサ)をかぶせる
  3. コーヒーカップを逆さまにしてテーブルに置く
  4. 液体と粉が分かれて乾くのを少し待つ
  5. カップの底に残った粉の形状を見て占う

トルココーヒーはカップ底に残った粉の形状を見て占います。基本的には有人同士でその形状を見せ合いっこして、それはあーだこーだ言い合いながら占いを楽しむのがオススメ。しっかり詳しく占いたい場合は、「トルココーヒー占い(地球の歩き方)」で紹介されているものが参考となります。

トルココーヒーを飲んでみよう

トルココーヒーをカップに注ぐ

ドリップコーヒーとは一味も二味も違うトルココーヒー。その独特な味わいは、飲み進めるにしたがってきっと癖になるはず。トルコを始め中近東諸国へと旅行に行ったら是非本場で本格的なトルココーヒーを飲んでみましょう。また、自宅でもトルココーヒーは簡単に作ることが出来るので、その味わいが気になる方は是非家で作って飲んでみてください。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.