イタリア定番スイーツ「アフォガート」とは?おすすめの作り方と食べ方

更新日:

アフォガート

イタリア発祥エスプレッソコーヒーを使った大人スイーツ「アフォガート」。バニラアイスの甘さとエスプレッソの濃厚な味わい、苦味が絶妙にマッチする大人の味。バニラアイスにエスプレッソ又は濃いコーヒーをかけるだけで簡単に作られる手軽さもあり、日本でも人気が高まりつつあるイタリアンデザートです。

この記事では、アフォガートとはどんなスイーツか、また本場イタリア定番のオススメの作り方と飲み方も紹介しています。インスタントコーヒーで代用する方法も紹介しているので、是非参考に。

アフォガートとは

アフォガード

アフォガート(affogato)とは、甘いバニラアイスに濃厚で苦味のあるエスプレッソを注いだイタリア伝統のエスプレッソスイーツです。甘さと苦味、さらには冷たい食感と熱い食感が組み合わさっているのが特長。スタバやタリーズ、ドトールといった日本で人気のあるコーヒーチェーン店ではあまりメニューで見かけることはありませんが、イタリアではどこのカフェやレストランにも当然のようにある定番のコーヒースイーツです。

また、アフォガート(affogato)とはイタリア語で溺れるという意味を持つアフォガーレ(affogare)の過去形で‟溺れた”という意味。冷たいバニラアイスが熱々のエスプレッソに溺れてしまった、または溺れるぐらいの美味しさという意味で、アフォガートと名付けられています。

イタリアではエスプレッソ以外のアフォガートも!

バニラアイスにチョコレートをかける

アフォガートは正式には、エスプレッソ・アフォガート(Esspresso affogato)です。イタリアでは、エスプレッソ・アフォガート同様にバニラジェラートに何かをかける時にアフォガートという言葉を使います。例えば、紅茶をかけるティー・アフォガート、チョコレートをかけるチョコレート・アフォガート、リキュールをかけるリキュール・アフォガートなど。また、料理でも何かに何かのソースをかけて作ったものにアフォガートという言葉を使うものがあります。

アフォガートはコーヒーフロートとは違う

コーヒーフロート

コーヒーにバニラアイスを使ったメニューは、日本では喫茶店に昔からあるコーヒーフロートが定番。同じくコーヒーとバニラアイスを使ったドリンクですが、アフォガートはコーヒーフロートとどう違うのか。

その大きな違いは、主役の違い。コーヒーフロートの主役はあくまでもアイスコーヒー。バニラアイスはアイスコーヒーにトッピングされたもの。一方のアフォガートの主役はアイス。アフォガートはバニラアイスの上にエスプレッソがソースとしてかけられたものです。また、アイスドリップコーヒーを使うコーヒーフロートに対し、アフォガートは熱々のエスプレッソを使うという点も大きく異なります。

アフォガートの定番の作り方

アフォガード

  1. エスプレッソ(30cc)を作る
  2. 冷えたグラス(又は小さなボウル)を準備する
  3. グラスにバニラアイスを一人分入れる
  4. アイスの上からエスプレッソを注ぐ
  5. 好みに応じてナッツなどをトッピング

アフォガートの作り方はとてもシンプルです。特にイタリア本場の伝統的なアフォガートのレシピはとても簡単。冷えたグラスにバニラアイスを入れて、その上から熱々のエスプレッソを1ショット(30cc)分注ぐだけ。もし、それだけでは物足りないと感じるなら、ナッツなどをトッピングすると良いでしょう。

エスプレッソのかけ過ぎに要注意

エスプレッソをたっぷりと注ぐ

アフォガートを作る時に一番注意したいのが、エスプレッソをたくさんかけ過ぎないこと。基本的にバニラアイス一人分に対し、エスプレッソ1ショット(30cc)。それ以上エスプレッソを注いでしまうと、もはやそれはアフォガートではなくカフェラテのようになってしまいます。

アフォガードはインスタントコーヒーでも作れる!

インスタントコーヒーを淹れる

アフォガートを作る時は基本的にエスプレッソを使います。エスプレッソとは日本でお馴染みのドリップコーヒーとは違い、エスプレッソマシンで高い圧力をかけて短時間でコーヒー液を抽出したもので、とても濃厚な味わいなのが特長。その濃厚で苦味の強いエスプレッソだからこそ甘いバニラアイスにかけることで甘味と苦味の絶妙なハーモニーを楽しめるのです。

しかし、自宅でエスプレッソを準備できないという人も多いと思います。その場合は、深煎り豆を使い濃いめに淹れたドリップコーヒーで代用すればOK。また、インスタントコーヒーでも濃いめにすることで代用可能。インスタント2gにお湯30ccを注げば一応なんちゃってエスプレッソとなるので、それをバニラアイスに注げばアフォガートの完成です。

アフォガートの食べ方

アフォガートを食べる

アフォガートを美味しく食べるためには、冷たいバニラアイスに熱々のエスプレッソを注ぐことが重要。お店でアフォガートを提供された場合はエスプレッソが冷めない内に、アイスが溶けないうちにすぐにエスプレッソをバニラアイスへと注ぎましょう。また、家で自分で作って食べる場合は食べる直前にエスプレッソを注ぐことが重要です。

後の食べ方は基本的に自由。まずバニラだけの部分を食べてその甘味を確認してからエスプレッソがかかったところを食べて甘味と苦味のハーモニーを楽しんでも良いし、先にエスプレッソだけを食べて苦味を確認し次にエスプレッソがかかったアイスを食べるのも良いでしょう。

イタリア発祥の大人スイーツ、アフォガートを味わってみよう

アイスにエスプレッソをかける

アフォガートはバニラアイスのクリーミーな甘さとエスプレッソのほろ苦さを同時に味わえる大人のスイーツ。エスプレッソ自体ほとんどカロリーは無いので、アフォガートのカロリーはアイスクリーム単体を食べる時とほぼ同じです。食後でも安心して食べることが出来ます。是非、食後のデザートに、イタリア発祥の大人スイーツ「アフォガート」を食べてみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.