ドリップコーヒーはお湯の温度が重要!美味しく抽出するには何度が最適??

更新日:

コーヒー粉にお湯を注ぐ

美味しいコーヒーを入れるためには粉に注ぐお湯の温度は何度が最適か。ハンドドリップで抽出するコーヒーの味は湯温で大きく変化するため気になるところ。この記事では、コーヒーの味がポットで注ぐお湯の温度でどのように変わるのか、そして美味しいコーヒーを抽出するために最適な温度の目安について紹介しています。

コーヒーの味はお湯の温度で変化する

お湯を注いでドリップコーヒーを淹れる

ドリップコーヒーの味はお湯の温度で大きく変わります。ハンドドリップは、ドリッパーにセットされたペーパーフィルター内のコーヒー粉に上からお湯を何度かに分けて注ぎ入れ粉にお湯をくぐらせることで下にあるコーヒーサーバーへとコーヒー成分を落とします。その時のお湯の温度の高い低いによって抽出出来るコーヒー成分の種類や量が変化するため、お湯の温度にによってコーヒーの味が変化するのです。

お湯の温度が低い

お湯の温度を低くすると、出来上がるコーヒーは酸味が際立ちすっきりと軽い味わいのコーヒーとなります。粉に通すお湯の温度が低い場合、苦味やコクといった成分はあまり抽出することが出来ません。一方、酸味はお湯の温度が低くてもしっかり抽出出来るため、苦味やコクが少なく、酸味が際立ったコーヒーとなるのです。酸味の効いたフルーティーな味わいを好む人には、お湯の温度低めがオススメ。

ただし、あまり温度が低すぎると、コーヒーの美味しい成分をほとんど抽出することが出来なくなってしまい、ただただ味が薄いだけのコーヒーとなってしまいます。

お湯の温度が高い

お湯の温度を高くすると、苦味やコクがある濃いコーヒーに仕上がります。温度が上がると酸味だけではなく苦味やコクを始めたくさんのコーヒー成分を抽出できるようになります。そのため、温度の高いお湯で抽出すると、濃いコーヒーとなるわけです。苦味が効いた濃いコーヒーが好きな人には、温度高めがオススメ。

ただし、温度が高すぎると、渋みやえぐみといった不快な成分もたくさん抽出されてしまうため、沸騰した100℃のお湯をそのまま使うのはNGです。

コーヒーを美味しく抽出するために最適な温度の目安

お湯入りのケトル

美味しいコーヒーを入れるために最適なお湯の温度は、90~93℃です。ドリップコーヒーは粉に注ぐお湯の温度の高い低いによって抽出出来る成分の種類や量に違いが出て味が変化しますが、90~93℃の温度がコーヒー成分である酸味・苦味・甘味・コクなどを一番バランスよく抽出することが出来ます。この温度より高めとなると苦味やコクが強調され、逆に低めになると酸味が強調されることになります。

また、90~93℃は、ケトルで沸騰させたお湯(100℃)を注ぎ口が細くなっているドリップ用ポットへと移し替えた時に丁度落ち着く温度です。一般的な中煎りコーヒーを淹れる時は、濃いめが好き、軽めが好きという好みはあるものの、まずは90~93℃で抽出してみましょう。もし、もう少し苦味がある方が良いというなら次回から温度を少し高めに、もう少し酸味のある軽い味わいが好きというなら次回から温度を少し低めにするなど90~93℃を軸に微調整してみると良いでしょう。

浅煎り豆:93~95℃

浅煎り豆を使う場合は、少し高めの温度である93~95℃で入れるのがオススメ。浅煎り豆は中煎り豆や深煎り豆に比べお湯を注いだ時に成分の抽出効率が低め。そのため浅煎り豆でもしっかりと成分を抽出するために、中煎り豆の時よりも少し高めに設定するのがベストです。

深煎り豆:88~90℃

深煎り豆は浅煎り豆や中煎り豆よりも成分が出やすい豆。中煎り豆同様に90~93℃のお湯で抽出すると、思った以上に苦味が出過ぎたり、雑味も出てしまう可能性があるため温度はやや下げた88~90℃がオススメ。

インスタントコーヒーも90℃で入れると美味しくなる

インスタントコーヒー

コーヒーを入れる時にお湯の温度を管理することで美味しくなるのはレギュラーコーヒーだけではありません。インスタントコーヒーの場合も顆粒状のコーヒーに最適な温度のお湯を注ぐことで美味しくなるのは同じです。

インスタントコーヒーを作る時にベストなお湯の温度は90℃。温度が高いと焦げたような苦味ある味となり、逆に温度が低いと必要以上に酸味が際立つようになります。インスタントコーヒーも美味しく飲むなら、90℃のお湯を使いましょう。沸騰したお湯を1~2分程度放置すると大体90℃あたりになります。

ハンドドリップ用に温度調節機能付き電気ケトルがあると便利

温度調節機能付き電気ケトル

ハンドドリップでレギュラーコーヒーを入れる時は、粉に通すお湯の温度次第で抽出後のコーヒーの味が大きく変わります。同じ人が同じ銘柄のコーヒーを入れる時でも注ぐお湯の温度次第で味が変わってしまうため、毎回美味しいコーヒーを安定して作るためにはお湯の管理は以上に重要。

そこで便利なのが、温度調節機能を備えた電気ケトル。温度調節機能付き電気ケトルがあれば、毎回同じ温度のお湯を使うことが出来るため、作るコーヒーの味を安定させることが出来ます。また、味を自分好みへと調整する時にお湯の温度を少し上げたり、下げたりしたいといった時にもとても便利です。

美味しいコーヒーを入れるため、お湯の温度を意識してみよう

コーヒー抽出のために粉にお湯を注ぐ人

ドリップコーヒーを入れる時にお湯の温度を意識することで、コーヒーの味を大きく変えることが出来ます。コーヒーの味わいは豆の産地や銘柄、焙煎度合い、豆の挽き方次第でも変わってきますが、お湯の温度でも酸味強めにしたり、苦味強めにしたりと調整出来るので、是非お湯の温度をコントロールして自分好みの美味しいコーヒーを入れてみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.