レギュラーソリュブルコーヒーとは?普通のインスタントとレギュラーとの違いは?

更新日:

レギュラーソリュブルコーヒー

ネスレの販売するインスタントコーヒー「ネスカフェ」の名称には、レギュラーソリュブルコーヒーと記載されています。これは普通のインスタントコーヒーやレギュラーコーヒーとはどう違うのか気になるところ。

この記事ではレギュラーソリュブルコーヒーとはどんなコーヒーか、普通のインスタントコーヒー、レギュラーコーヒーとの違いを紹介しています。また、ネスカフェのレギュラーソリュブルコーヒーの種類も紹介しているので、是非参考に。

レギュラーソリュブルコーヒーとは

一杯のコーヒー

レギュラーソリュブルコーヒーとは、コーヒー豆の抽出液と微粉砕したコーヒー豆を混ぜ乾燥させて粉末状にしたコーヒーです。ドリップ器具を使用してコーヒー液を抽出して飲むタイプのレギュラーコーヒーではなく、粉末にお湯を注ぐだけで手軽に飲めるタイプのインスタントコーヒーの一種。

レギュラーソリュブルコーヒーはインスタントコーヒー大手ネスレ(Nestle)が、2013年9月より自社商品(ネスカフェ)に従来のインスタントコーヒーに取って代わる新しい名称として採用したものでネスレ独自の呼称。従来のインスタントとは違って、レギュラーコーヒー(コーヒー豆)を微粉砕したものを入れており、レギュラーコーヒーのような豊かな香りと味わいを楽しめるために、‟レギュラー”と溶かすという意味の‟ソリュブル”を使ってレギュラーソリュブルコーヒーという名称となりました。現在、ネスレのいわゆるインスタントコーヒーは全てレギュラーソリュブルコーヒーとなっています。

 

レギュラーソリュブルコーヒーインスタントコーヒーとの違い

インスタントコーヒー

レギュラーソリュブルコーヒーは、粉にお湯をかけるだけで手軽に飲めるという点では、普通のインスタントコーヒーと同じです。レギュラーコーヒーのように豆を挽いたり、挽いた豆をドリッパーなどの抽出器具を使ってコーヒー液を抽出する必要はありません。忙しい朝でもすぐにコーヒーを作ることが出来ます。

レギュラーソリュブルコーヒーと一般的なインスタントコーヒーとの大きな違いは、レギュラーコーヒーの有無。一般的なインスタントコーヒーは、抽出液を乾燥させ粉末状にしたものですが、レギュラーソリュブルコーヒーは抽出液に微粉砕したコーヒー豆の粉を混ぜてから乾燥させ粉末状にしたもの。レギュラーソリュブルコーヒーはレギュラーコーヒーが入っているために、お湯を注いで作る時にまるでドリップコーヒーを淹れた時のような豊かな香りが広がり味もレギュラーコーヒーぽくなるのが大きな特徴。

レギュラーソリュブルコーヒーとレギュラーコーヒーとの違い

レギュラーコーヒーをドリップで淹れる

レギュラーソリュブルコーヒーとは、喫茶店やカフェで飲むドリップコーヒーに比べると風味が劣ると言われるインスタントコーヒーとは違って豊かな香りと深い味わいを楽しめるコーヒー。コーヒーを作る時に広がる香りや飲む時のしっかりとした味わいはレギュラーコーヒーに限りなく近いと言われています。そのため、普通のインスタントではなくレギュラーコーヒーらしいコーヒーを飲みたい人にとても人気。

ではレギュラーソリュブルコーヒーはレギュラーコーヒーとはどう違うのか。その大きな違いは、飲み方。レギュラーコーヒーは、ペーパーフィルターやドリッパー、ケトル、サーバーなどを使って粉の上からお湯を注いでコーヒー液を抽出する作業が必要になってくるため、一杯淹れるのにそれなりに時間がかかります。一方、レギュラーソリュブルコーヒーは特別な器具は不要で、粉にお湯を注ぐだけ。インスタントコーヒーと同じ作り方で飲むことが出来るので、忙しい時でも手っ取り早くコーヒーを作って飲むことが出来ます。

レギュラーソリュブルコーヒーはインスタントとレギュラーの良いとこどり

自宅でコーヒーを飲む人

レギュラーソリュブルコーヒーは、簡単に言ってしまえばインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの良いとこどりのコーヒー。インスタントコーヒーと同じくお湯を注ぐだけで簡単に作ることが出来る手軽さと、レギュラーコーヒーのように淹れたての豊かな香りとコーヒー本来の深い味わいを楽しめる風味の良さを兼ね備えたハイブリッド型。

この新しいタイプのレギュラーソリュブルコーヒーを誕生させたのが、ネスレの独自の製法である「挽き豆包み製法」。丁寧に焙煎したコーヒー豆を細かく粉砕し、その微粉をネスレ独自の抽出液で大切に包み込むという製法。この製法により、コーヒーの酸化を防ぎ、いつでも手軽に淹れたてのような香りと味わいを楽しめるようになっています。

もちろん、優れたコーヒーであるものの、その味わいは完全にレギュラーコーヒーと同じではありません。また、人によってはレギュラーソリュブルコーヒーではなく従来のインスタントコーヒーを好むという人もいるでしょう。

レギュラーソリュブルコーヒーという名称を巡り一悶着あり

ネスレ

実は、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの良いところ取りであるレギュラーソリュブルコーヒーを巡ってネスレとコーヒー業界で一悶着ありました。

ネスレが自社主力商品である「ネスカフェ ゴールドブレンド」などに挽き豆包み製法を採用し、従来のインスタントコーヒーという名称ではなく新しいレギュラーソリュブルコーヒーという名称を使うことにしたのが2013年9月から。従来のインスタントコーヒーと同じくお湯を注いで作るコーヒーであるのにかかわらずレギュラーという言葉を使っているために消費者がレギュラーコーヒーと誤解してしまう恐れがあるとして業界団体である全日本コーヒー公正取引協議会はレギュラーソリュブルコーヒーという名称使用に反発。ネスレは従来のコーヒーにはない全く新しいジャンルのコーヒーであるという姿勢を崩さず、結果的にネスレは全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、全日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会を脱退することとなりました。

ネスレは日本におけるインスタントコーヒー市場の8割のシェアを占める大手であり、インスタントコーヒーのパイオニアであるため、この騒動は当時大きな注目を集めることとなりました。現在もネスレは業界団体への復帰は果たしておらず、独自路線を歩む形で日本のコーヒー業界を牽引しています。

ネスカフェのレギュラーソリュブルコーヒーは種類豊富

ネスカフェ エクセラ

ネスカフェ エクセラ

ネスカフェを代表するシリーズ「ネスカフェ エクセラ」。1960年発売のネスレの大人気商品。昔からインスタントコーヒーの定番ともいわれるコーヒーで、多くの人に愛されています。際立つ豊かな香りと深いコクが特長。

ネスカフェ ゴールドブレンド

ネスカフェ ゴールドブレンド

エクセラ同様にネスレを代表するコーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」。ゴールドブレンドは、上質な香りとマイルドで奥行のある味わいが特長。バランスの良い味わいなので、飲みやすいコーヒーです。初めてのレギュラーソリュブルコーヒーにオススメ。

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め

ミルクを入れてラテを楽しみたい人には「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め」がオススメ。深煎り豆を使用したコク深めのコーヒーで、コクのあるミルクとの相性も抜群。カフェラテやカフェオレを飲むのにぴったり。

ネスカフェ ゴールドブレンド 香り華やぐ

ネスカフェ ゴールドブレンド 香り華やぐ

フルーティーな風味を楽しみたい人には「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り華やぐ」がオススメ。浅煎り豆を使用し、上質でフルーティーな香りとすっきりとした味わい。フルーティーな香りと飲みやすさを重視して選ぶ人にオススメ。

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

カフェインが気になる人には「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」がオススメ。

ネスカフェ 香味焙煎

ネスカフェ 香味焙煎

ネスレこだわりのレギュラーソリュブルコーヒー「ネスカフェ 香味焙煎」。世界中から厳選した個性的で希少な豆を使用した、印象的な香りと味わいが特長のコーヒー。

ネスカフェ プレジデント

ネスカフェ プレシデント

ちょっと贅沢な気分を味わいたい人にオススメしたいのが「ネスカフェ プレジデント」。インスタントコーヒーとは思えない芳醇な香りと深いコクが特長のコーヒー。

レギュラーソリュブルコーヒーで手軽に美味しいコーヒーを楽しもう

自宅でコーヒーカップを手に持つ人

ネスレの販売するレギュラーソリュブルコーヒーは、従来のインスタントコーヒー同様にお湯を注ぐだけで簡単に作ることが出来、さらにレギュラーコーヒーのような良い香りとしっかりとした味わいを楽しむことが出来るので、自宅で手っ取り早く美味しいコーヒーを飲みたい人にオススメ。種類は豊富なので、是非好みのレギュラーソリュブルコーヒーを見つけてみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.