ハワイ生まれ「コナコーヒー」とは?その特徴とおすすめお土産、淹れ方・飲み方紹介

更新日:

ハワイのコナコーヒー

ハワイ土産の定番であるコナコーヒー。コナコーヒーはハワイコーヒーの代名詞であり、世界の数あるコーヒーの中でもトップクラスの高品質なコーヒーです。フルーツのような甘い香りとさわやかな酸味が特徴で、ブラックでも飲みやすい。

この記事では、コナコーヒーとはどんなコーヒーか、その特徴やハワイ土産で買いたいオススメのコナコーヒーブランド、コナコーヒーの美味しい入れ方と飲み方を紹介しています。ハワイ生まれのコナコーヒーが気になる方は是非参考に。

コナコーヒーとは

コナコーヒー

コナコーヒー(kona coffee)とは、アメリカ・ハワイ生まれのプレミアムコーヒーです。ジャマイカのブルーマウンテン、タンザニアのキリマンジャロにならび世界三大コーヒーの一つであり、ホワイトハウスの公式晩餐会でも提供される特別なコーヒーです。アメリカ合衆国唯一のコーヒー産地であるハワイ州のハワイ島のコナ地区で生産され、パッションフルーツのような甘い香りとやわらかな酸味があり、とても爽やかな味わいが特徴となっています。

ハワイはコーヒー産地で有名

ハワイ

ハワイと言えば、ワイキキビーチやダイヤモンドヘッド、パンケーキで有名な世界屈指の人気観光地。そんなハワイは意外にもコーヒー産地として有名な場所です。ハワイはアメリカ合衆国唯一のコーヒー産地で、ハワイコーヒーの代名詞と言えるコナコーヒー以外にもカウコーヒーやマウイコーヒーなどたくさんのコーヒー豆を栽培しています。

ハワイ島南西部にあるコナ地区がコナコーヒー生産地

コナ地区のコーヒー農園

ハワイコーヒーの代名詞となっている「コナコーヒー」。コナコーヒーを栽培しているのは、ハワイ州で一番大きい島であるハワイ島。ハワイ島の南西部に位置するコナ地区は、肥沃な火山性土壌で水はけが良く、適度な雨量があり、1日の10度以上の寒暖差があり、品質の高いコーヒーを栽培するのにとても適した地域です。そこには大小約600ものコーヒー農園が点在し、コナコーヒーを栽培・生産しています。農園が多く連なる長さ約32kmのエリアは、コーヒーベルトならぬコナコーヒー・ベルトと呼ばれています。

コナ地区の‟高品質なコーヒー豆のみ”コナコーヒーブランドを付与される

コーヒー豆

ハワイ島のコナ地区で生産されたコーヒー豆全てがコナコーヒーというラベルをつけることが出来るわけではありません。コナ地区で収穫されたコーヒー豆であってもハワイ州が定める基準をクリアしていないとコナコーヒーを名乗ることは出来ません。基準をクリアしていない豆は、普通のハワイコーヒーとなります。

また、同じコナコーヒーでもランク(等級)があり、一番下の「PRIME(プライム)」から順に「SELECT(セレクト)」「NO.1(ナンバーワン)」「FANCY(ファンシー)」、最高級グレードの「EXTRA FANCY(エクストラファンシー)」の5段階で評価されます。等級は豆の大きさや色、香り、欠陥豆の割合などを基準に評価されています。

コナコーヒーの特徴

品種は主にアラビカ種ティピカ

アラビカ種のコーヒーノキの実

コナコーヒーの主な栽培品種は、アラビカ種ティピカ。

コーヒーの品種は大きく、アラビカ種とロブスタ種の2品種。強い苦味が特徴のロブスタ種と違い、アラビカ種はフルーティーな酸味があり、甘い香りがするのが特徴。一般的にロブスタ種よりもアラビカ種の方が香りや味わいに優れていると言われています。そのため、現在世界で流通しているコーヒー豆の多くがアラビカ種。

そんな優れた品種であるアラビカ種の中でも特に香りの質や雑味のないすっきりとした味わいを特徴に持つのが、アラビカ種ティピカです。アラビカ種ティピカは昔からある品種ですが、栽培が難しいため現在は生産効率を上げるために希少な品種となっています。

希少性が高い

瓶に入った少量のコーヒー豆

コナコーヒーはとても希少性の高いコーヒーです。栽培が難しくコーヒーノキ1本から収穫出来る実の数が少なく、コナ地区の農地面積も他国に比べると圧倒的に狭く、ハワイ州が定めるコナコーヒーの品質基準も厳しいこともあり、世界で流通するコーヒー総生産量のわずか0.1%以下という大変希少なコーヒーとなっています。その希少性がゆえにコナコーヒーは最高級コーヒーと言われるブルーマウンテンに次ぐ高価なコーヒーとなっています。

甘い香りと柔らかい酸味

ビーチとコーヒー

コナコーヒーは、苦味が少なく柔らかい酸味ですっきりと飲みやすく、フルーツのような甘い香りがするのが特徴です。苦味が少なくすっきりと爽やかな味わいなのでブラックコーヒーが苦手という人でもブラックでも問題なく飲めてしまうほどです。

コナコーヒーは酸味が強めの銘柄なので、飲むお店や自分の淹れ方によっては酸っぱいと感じることがあるかもしれません。しかし、コナコーヒーの特徴を掴んでいるしっかりとお店で飲めば酸っぱいと感じることはなくコナコーヒー特有の柔らかな酸味とフルーツのような甘い香りを堪能できるはずです。

ハワイ土産に人気のおすすめコナコーヒー

ライオンコーヒー(LION COFFEE)

ライオンコーヒー

ハワイ土産にハワイ名産のコナコーヒーを買って帰るなら、「ライオンコーヒー(LION COFFEE)」がオススメ。ライオンコーヒーは、1864年創業のハワイの老舗コーヒーブランドです。シンプルなコナコーヒーを始め、チョコレートやバニラといったフレーバーコーヒーも多数そろえているコーヒーメーカー。1袋あたりの値段が安く、ハワイ地元のスーパーマーケットやABCストアで手軽に購入出来るためハワイ土産の定番中の定番となっています。ライオンコーヒーであれば10%コナブレンドを1袋(約200g)5ドル、100%コナコーヒーも10ドルと安く買うことが出来ます。

ホノルルコーヒー(HONOLUU COFFEE)

ホノルルコーヒー

ハワイを代表するカフェチェーン「ホノルルコーヒー(HONOLULU COFFEE)」もオススメ。日本でも店舗展開しており、日本人にも馴染みのあるブランドです。特にパンケーキが有名で、パンケーキ好きの女性なら知らない人はいないはず。ホノルルコーヒーはハワイ生まれのコナコーヒーを世界に広めたパイオニア的な存在で、高品質なコナコーヒーをたくさん取り揃えています。最高級グレードのコナコーヒーエクストラファンシーも取り扱っているので本当に最高に美味しいコナコーヒーを飲むことが出来ます。

アイランドヴィンテージコーヒー(ISLAND VINTAGE COFFEE)

アイランドヴィンテージコーヒー

ハワイを代表するコナコーヒー専門店である「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー(ISLAND VINTAGE COFFEE)」。地元でも新鮮で品質の良いコナコーヒーを味わえると評判のお店です。手ごろな価格帯のコナコーヒーから最高級グレードであるエクストラファンシーまでたくさんのコナコーヒーを取り揃えています。また、希少なコナコーヒーの中でも取り分け希少とされる「ピーベリー」も扱っているので、幻のコナコーヒーであるピーベリーを飲んでみたいという人は必見です。

コナコーヒーを買う時の3つのポイント

初めてのハワイ土産にはフレーバーコーヒーがオススメ

コーヒー豆とチョコレート

せっかくハワイへ行ってお土産にコーヒーを買うなら、フレーバーコーヒーを買ってみるのがオススメです。フレーバーコーヒーとは、コーヒーを焙煎する際に香りをつけたもので日本ではあまり馴染みが無いもの、ハワイを始めアメリカではとてもポピュラーなコーヒーです。フレーバーは色々と種類がありますが、中でもバニラの甘い香りとマカダミアナッツの香ばしい香りが特徴のバニラ・マカダミアナッツフレーバーが大人気。

しっかりコナコーヒーを味わいたい人にはブレンドではなく100%コナがオススメ

パッケージ入りのコーヒー豆

コナコーヒーは実はコナブレンドとコナコーヒーの2種類あります。コナブレンドとは、10%以上コナコーヒーを使い他の豆とブレンドしたもので、コナコーヒーとはコナコーヒーのみを100%使用したもの。コナコーヒー特有の香りや味わいを楽しみたいという場合は、コナコーヒー純度100%のものを選ぶのがオススメ。「100% KONA COFFEE」とパッケージに記載されたものが純度100%のコナコーヒーです。

こだわるなら最高級グレードの「エクストラファンシー」

コーヒー豆を手にする人

こだわる人にはコナコーヒーの中でも最高級グレードである「エクストラファンシー」を選ぶのがオススメ。コナコーヒーは、プライム・セレクト・ナンバーワン・ファンシー・エクストラファンシーの5段階の等級があり、その中で最高級グレードなのがエクストラファンシー。豆の大きさ7.5mm以上で一定の基準をクリアした豆のみが与えられるコナコーヒー最高の称号。コナコーヒーの中でも一番柔らかな甘味があり、雑味が一切ない最高の味わい。

また、コーヒーマニアにはピーベリーもオススメ。ピーベリーとは幻のコーヒーと言われる大変希少性の高い豆です。通常コーヒーノキの実にはフラットビーン(平豆)と呼ばれる二つのコーヒー豆が入っていますが、3~5%の割合で丸い形のコーヒー豆が一つのみ入っている場合があります。それがまさにピーベリー。ピーベリーは希少性が高く、味わいも独特なまろやかさと甘みを持っているため高級品としてされています。ただでさえ希少であるコナコーヒーのさらなる希少な豆であるピーベリーはコーヒーマニアなら一度は飲んでみたいもの。

コナコーヒーの美味しい入れ方

コナコーヒーを淹れる

  1. コーヒーサーバーにドリッパーをセットする
  2. お湯を一旦注ぎドリッパーとコーヒーサーバーを温める。そのお湯でカップも温める。
  3. ドリッパーにペーパーフィルターをセットする
  4. フィルターにコーヒー粉10gを入れてドリッパーを軽く振り粉を平らに均す
  5. 少量のお湯(20cc)を円を描くように注ぎ全体を湿らせ30秒蒸らす
  6. お湯80ccを小さな円を描くように注ぐ
  7. 水面が下がったらお湯40ccを同じく注ぐ
  8. さらにお湯20ccを同じく注ぐ
  9. 抽出が終わったらサーバーからカップへと注ぐ

せっかく美味しいコナコーヒーを飲むなら、コーヒーメーカーを使うのではなくシンプルにペーパードリップで淹れるのがオススメ。ペーパードリップは、「カップを温める」「蒸らす」「円を描くようにお湯を注ぐ」を意識するだけで美味しくコーヒーを淹れることが出来ます。また、コーヒー豆を挽く場合はペーパードリップに適した中細挽きがオススメ。生豆から焙煎もする場合は焙煎度合いはミディアムローストからシティローストがオススメ。

コナコーヒーのおすすめの飲み方

ブラックコーヒーを飲む人

コナコーヒーは砂糖やミルクを入れずにシンプルにブラックで飲むのがオススメ。コナコーヒーはすっきりとした軽やかな味わいなので、コクのあるミルクを入れてしまうとせっかくのコナコーヒーの味わいがほとんどなくなってしまいます。コナコーヒーはブラックが苦手な人でも飲みやすいコーヒーなので、まずは騙されたと思って何もいれずに飲んでみましょう。もし何か加えるとしたら少し砂糖を入れる程度が良いです。

また、コナコーヒーのお供には濃厚なチョコレート系のお菓子や生クリームたっぷりのケーキではなく、酸味のあるフルーツを使ったケーキやタルト、口当たりの軽い焼き菓子なんかがオススメです。

ハワイ土産に是非コナコーヒーを買ってみよう

ハワイの風景

ハワイへ旅行に行ったら是非コナコーヒーを現地で飲んでみましょう。また、お土産としてライオンコーヒーやホノルルコーヒーなどのコナコーヒーを買って帰るのもオススメです。コナコーヒーは他のコーヒーにはない南国のフルーツのような甘い香りが漂うコーヒーです。苦味が少なく飲みやすいコーヒーなので、是非ハワイ生まれのプレミアムコーヒーであるコナコーヒーを味わってみてください。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.