コーヒー豆の賞味期限はいつまで?豆と粉、未開封と開封後で違いあり?

更新日:

コーヒー豆

コーヒー豆はいつまでも保存しておけるものではなく、当然のように賞味期限があります。賞味期限切れのコーヒー豆で淹れたコーヒーは通常のものと比べ風味が一気に落ちてしまうので美味しくありません。せっかく買ったコーヒー豆を全て美味しく飲みたいなら、やはり賞味期限をしっかりと把握しておく必要があります。

この記事では、多くの人が気になるコーヒー豆の賞味期限について紹介しています。コーヒーの賞味期限は豆か粉か、または開封前か開封後かで大きく変わってくるので、そのあたりも詳しく紹介しています。賞味期限が気になっている方は是非参考に。

コーヒー豆にも賞味期限がある

コーヒー豆を手に持つ

コーヒー豆にも他の食品同様に賞味期限があります。賞味期限とは、定められた方法に従って保存した場合にその年月日までは品質が変わらず美味しく食べる(飲む)ことができる期限のことです。つまり、コーヒー豆にも美味しく飲める期限というものがあり、焙煎珈琲豆店やコーヒーショップ、スーパーなどで買ったコーヒー豆を美味しく飲むためにはその期限内に飲み切る必要があります。

賞味期限切れのコーヒー豆は、空気との接触や湿気で水分を吸収する、直射日光に当たる、高温に晒される、時間の経過といった様々な要因が影響し、酸化が進み品質低下へとつながります。当然風味が落ちるため、美味しくないコーヒーとなってしまいます。

コーヒー豆の賞味期限は焙煎後〇〇日

コーヒー豆の焙煎

コーヒー豆の賞味期限の起点となるのは焙煎日です。コーヒー豆はもともとは味も香ばしさもない淡緑色をした生豆ですが、その生豆を加熱加工(焙煎)することでコーヒー特有の香りや苦味、酸味、甘味を持った茶色姿のコーヒー豆(焙煎豆)となります。生豆を焙煎することでコーヒー特有の風味が生まれる一方、焙煎後にその風味の劣化が始まるのでコーヒー豆の賞味期限は「焙煎日後〇〇日」となります。

コーヒー豆専門店で販売されている鮮度の良いコーヒー豆の場合はパッケージに焙煎日が記載されていることが多いため、その焙煎日を起点として賞味期限内に消費するようにします。一方、大手メーカーが販売しているレギュラーコーヒーは焙煎日は確認できないものの、製造年月日が起点となった賞味期限が記載されていることが多いです。その場合はその賞味期限までに開封し1カ月以内を目安に飲み切ります。

コーヒー豆の賞味期限

生豆の賞味期限

コーヒーの生豆

コーヒー豆は焙煎をする豆の生豆の状態でも販売されています。焙煎前の生豆を購入することで自宅で好みの焙煎度合いに焙煎し、より自分好みのコーヒーを淹れることが出来ます。生豆の賞味期限は約3年。焙煎した後の豆よりもはるかに保存が効きます。

焙煎豆の賞味期限

焙煎した珈琲豆

一般的に販売されているコーヒー豆の多くは焙煎された薄茶色から茶色、黒色の焙煎豆です。焙煎豆は、自宅で焙煎する必要がなく挽いてすぐに抽出して飲むことが出来ます。焙煎豆の賞味期限は2~3週間。本当に美味しく飲めるのは2週間でギリギリでも3週間。3週間を超えると、コーヒーの芳醇な香りがほとんどなくなり、味わいも大きく劣化してしまいます。

粉の賞味期限

挽いたコーヒー粉

コーヒー豆を挽いたのがコーヒー粉。コーヒーを淹れる際にはコーヒー豆を挽く必要があり、自宅で豆をコーヒーミルという器具を使って挽くか、予めコーヒー豆を購入するお店で挽いてもらうことも出来ます。コーヒー粉の賞味期限は7~10日。コーヒー豆を挽くことで、コーヒー豆の香りの元となるガスが一気に放出され、また豆の表面積が大きくなることで酸化が速まり豆のままで置いておくよりも一気に賞味期限は短くなります。

市販のレギュラーコーヒー・インスタントコーヒー等の賞味期限

インスタントコーヒー

焙煎店やコーヒー豆専門店で購入したコーヒー豆の賞味期限は焙煎日を起点に豆の状態で2~3週間、粉の状態で7~10日ですが、AGFやUCCといった大手レギュラーコーヒー・インスタントコーヒーメーカーが販売しているレギュラーコーヒー、インスタントコーヒーの場合はそれらよりも賞味期限は遥かに長くなります。窒素充填パックや真空パックを採用するなどパッケージングに工夫をしているためですが、その賞味期限はあくまでも未開封の状態で一度開封すると、その賞味期限は1カ月程度となります。

開封前(未開封)

種類 賞味期限
レギュラーコーヒー 豆:約12カ月(約1年)
粉:約12カ月(約1年)
インスタントコーヒー 約36カ月(約3年)
缶コーヒー 約12カ月(約1年)
ペットボトル 約12カ月(約1年)

未開封の場合、レギュラーコーヒーと缶コーヒー、ペットボトルコーヒーの賞味期限は約12カ月(約1年)。インスタントコーヒーは約36カ月(約3年)となります。実際、AGFの「ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー スペシャルブレンド 320g」の賞味期限は13カ月、「ブレンディ 瓶 80g(インスタントコーヒー)」は37カ月、UCCの「BLACK無糖(缶コーヒー)」は360日、「BLACK無糖 PET900」は360日となっています。一般社団法人食品産業センターの「コーヒーの一般的な賞味期限一覧」でも、同等の賞味期限が記載されています。

開封後(開封済)

種類 賞味期限
レギュラーコーヒー 豆:約1カ月
粉:約7~10日
インスタントコーヒー 約1カ月
缶コーヒー 約1~3日
ペットボトル 約1~3日

開封した場合、レギュラーコーヒー(豆)の賞味期限は約1カ月、レギュラーコーヒー(粉)は約7~10日です。インスタントコーヒーは約1カ月、缶コーヒーとペットボトルは注ぎ口に直接口をつけて飲む場合はその日中、注ぎ口に直接口をつけずにキャップ等で閉めて保管する場合は2~3日となっています。これは、UCCの「賞味期限・保存方法に関するよくある質問」を参考にしています。

賞味期限切れのコーヒーは飲んでも大丈夫??

コーヒー入りマグカップを持つ人

賞味期限切れのコーヒー豆始め、コーヒー飲料は飲んではいけないのか気になるところ。基本的に賞味期限は美味しく飲める期限を指すもので、その期限を過ぎると衛生上の危害を発生する恐れがある消費期限ではないため、賞味期限を少々過ぎたぐらいでは特に問題があるわけではありません。そのため一応飲むことは可能です。しかし、賞味期限切れのコーヒーは風味が大きく落ちてしまっているので、基本的には賞味期限が切れてしまったものを飲むのはオススメ出来ません。また、賞味期限を大きく過ぎているようなものは、味だけの問題ではなくお腹をこわしてしまうおそれもあるので飲むのはやめておきましょう。

コーヒー豆は鮮度が良いうちに飲み切るのがオススメ

コーヒーを淹れる人

コーヒー豆を買ったら、やはり鮮度の良いうちに飲み切ってしまうのがオススメ。コーヒーの美味しさをしっかりと楽しむことが出来るのは焙煎後2~3週間、粉の場合は7~10日です。レギュラーコーヒーやインスタントコーヒーの場合は開封後豆で1カ月、粉で7~10日です。美味しいうちに全部飲み切れるように、コーヒー豆を買う時はその賞味期限内に飲み切れる分だけを購入するようにすると良いでしょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.