タンザニア産「キリマンジャロコーヒー」とは?その特徴や産地、おすすめの飲み方

更新日:

キリマンジャロ

日本で人気の高いコーヒー豆の銘柄「キリマンジャロ」。タンザニアが誇るアフリカ最高峰の山キリマンジャロのふもとで多く栽培されているキリマンジャロは、甘い香りと柑橘系フルーツのような爽やかな酸味が特徴。タンザニア北部にあるキリマンジャロふもとのアルーシャ地区の農園で生産されていることで有名ですが、現在は西部そして南部でもたくさんのキリマンジャロコーヒーが栽培されています。

この記事ではキリマンジャロコーヒーとはどんな特徴を持つコーヒーか、その味わいや種類、おすすめの焙煎度合いや飲み方などをまとめて紹介しています。キリマンジャロコーヒーが気になる方は是非参考に。

キリマンジャロコーヒーとは

キリマンジャロコーヒー

キリマンジャロコーヒー(Kilimanjaro Coffee)とは、アフリカ最高峰キリマンジャロ山麓で多く栽培されるタンザニア産アラビカコーヒーです。キリマンジャロコーヒーは上質でキレのある酸味と甘い香りが特徴とし、ジャマイカのブルーマウンテン、ハワイのコナコーヒーと並ぶ世界三大コーヒーの一つ。特にキリマンジャロは日本で人気の高い銘柄で、日本がかなり多くタンザニアコーヒーを輸入しています。

映画「キリマンジャロの雪」をきっかけに日本で人気銘柄に成長

キリマンジャロコーヒーを淹れる

キリマンジャロは今や日本の人気のコーヒー銘柄。ブルーマウンテン同様に高級コーヒーとしてのブランドを確立しているキリマンジャロですが、日本で人気に火がついたのは1953年公開の映画「キリマンジャロの雪」がきっかけ。20世紀を代表する小説家”アーネスト・ヘミングウェイ”の短編小説を映画化したもので、これが日本で大ヒット。映画公開とともにキリマンジャロコーヒーのプロモーション活動が行われ映画のヒットとともにキリマンジャロコーヒーの知名度も急上昇し、現在の人気銘柄へと成長したのです。

キリマンジャロコーヒーの特徴

アフリカ最高峰「キリマンジャロ」で栽培されている

タンザニアのコーヒー栽培地

キリマンジャロコーヒーの特徴の一つは、標高5,895mを誇るアフリカ大陸最高峰の山であるキリマンジャロのふもとでコーヒー栽培がおこなわれていること。キリマンジャロ山のふもとは、海抜1000m以上で寒暖差のある気候で、年間降水量も多く、キリマンジャロ山の火山活動の恩恵を受けた肥沃な土壌で、良質なコーヒーを栽培するのに適した環境となっています。

ただし、現在はキリマンジャロのあるタンザニア北部だけではなく西部、南部でコーヒー栽培が盛んとなり、北部以外で栽培されるコーヒーの品質も向上したことで、キリマンジャロコーヒーというブランドは必ずしもキリマンジャロ山麓で栽培されたコーヒーということではなくなっています。今は「タンザニアで生産されて、水洗い式で精製し、アラビカ種のコーヒーである」という条件を満たしていれば北部だではなく西部、南部で生産されたコーヒー豆であってもキリマンジャロというブランドを付けることが可能になっています。

柑橘系の甘酸っぱい香り

コーヒーノキの実

キリマンジャロコーヒーの特徴の二つ目は、その豊かな香り。キリマンジャロは、オレンジ、レモン、グレープフルーツといった柑橘系を連想するような華やかで甘酸っぱい香りが特徴的です。コーヒーを淹れるととても華やかな香りが広がるので、贅沢なひと時を過ごすことが出来ます。

上質な酸味

酸味のあるコーヒー

キリマンジャロ一番の特徴は、酸味。人気コーヒー銘柄の中でも特に強い酸味を持ち、とても印象的。口の中に切り込んでくるような強い酸味ですが、不快に感じるようなものではなく柑橘類のようなとても爽やかな酸味です。キリマンジャロは浅煎りでキリマンジャロらしい強烈な酸味を、中煎りでほど良い酸味を感じることが出来ます。酸味が強いコーヒーは好き嫌いが分かれますが、酸味が苦手という人も深煎りで飲むことでほどよく酸味が抑えられキリマンジャロを美味しく飲むことが出来ます。

キリマンジャロコーヒーの産地

タンザニアのコーヒーノキ

キリマンジャロコーヒーの産地は、東アフリカ最大の国であるタンザニア共和国。雄大な自然と野生動物が見られることで有名なタンザニアで、アフリカを代表する銘柄キリマンジャロが栽培されています。そして、タンザニアの中でもキリマンジャロの栽培地は北部と西部、南部の三つに分けることが出来ます。

タンザニア北部

キリマンジャロと言えば、やはりキリマンジャロ山があるタンザニア北部を産地とするものが有名。タンザニア北部はアラビカ種のコーヒーを栽培するのに理想的な環境が整っており、品質の良いコーヒーを栽培しています。昔からキリマンジャロを栽培している地域なので、キリマンジャロらしい香りや味を楽しめるのはやはりキリマンジャロ山麓に広がるアル―ジャ地区やルゴロン地区といった北部地区のコーヒーです。

タンザニア西部

タンザニア西部は少し前まではコーヒー価格の低迷によりコーヒー栽培が衰退していました。しかし、コーヒー栽培に適した肥沃な土壌を含めポテンシャルの高さから現在はコーヒーの栽培が盛んです。西部のキゴマ地区のキリマンジャロコーヒーも年々品質が向上しており、爽やかな柑橘系の香りとさわやかな酸味のある味わいを楽しめます。

タンザニア南部

現在タンザニアで一番コーヒー生産が活発なのが意外にも南部。南部は北部ほど高品質とは言えないものの、生産量が多く、また品質もかなり向上しており美味しいコーヒーを世界へと輸出しています。南部のコーヒーは日本ではそれほど馴染みはありませんが、世界では結構人気です。南部のコーヒーは北部よりは酸味の主張は抑えめで、強いコクがあるのが特徴です。

キリマンジャロコーヒーの種類

グレードは全6段階

コーヒー豆

タンザニア産のキリマンジャロコーヒーは全6段階のグレードがあります。「AA・AB・A・B・C・E」の6等級で、一番グレードが高いのがAAです。日本では「キリマンジャロAA(またはタンザニアAA)」として販売されています。最高グレードであるAAは、スクリーン18以上の豆が86%以上、割れ豆およびエレファントが2%以内、黒豆無しで豆は緑色、炒り上がりがよく死に豆1%以内、異質の味のない健全な味という厳しい条件をクリアしたキリマンジャロ(タンザニア)のみが付与されるグレードです。

農園は北部・西部・南部の3地域にたくさん

タンザニアのコーヒー農園

キリマンジャロを生産している農園はタンザニアの北部、西部、南部それぞれの地域にたくさんあります。同じキリマンジャロブランドでも、生産している地域や農園によって品質に違いがあるため、キリマンジャロを選ぶ時はその地域や農園にも注目してみましょう。やはりキリマンジャロらしい香りや味を楽しむなら、タンザニア北部にある農園がオススメ。北部の有名農園と言えばモンデュ―ル農園、ブラックバーン農園、エーデルワイス農園といったあたり。また、南部ではカンジラルジ農園も品質の高いコーヒーを生産していることで人気。

キリマンジャロはそれぞれ生産する地区や農園により良さがあるので、販売されているキリマンジャロは「キリマンジャロ AA ブラックボーン農園」といったように他のキリマンジャロと差別化を図るために商品名に農園名や地区名を入れることが多いです。

スノートップがキリマンジャロコーヒーの最高峰

コーヒー豆

キリマンジャロコーヒーの最高峰にあたるのが「スノートップ(SNOW TOP)」。「キリマンジャロ AA スノートップ(タンザニア AA スノートップ)」として販売されているキリマンジャロは、キリマンジャロのトップオブトップ。スノートップは、気候条件に恵まれたタンザニア北部キリマンジャロ山麓にあるアル―シャ地区の高地でのみ収穫されているキリマンジャロの最高級品です。普通のキリマンジャロを飲むだけでは物足りないという人は最高級品であるスノートップを飲んでみるのがオススメ。

キリマンジャロコーヒーのおすすめの焙煎度合い

コーヒー豆の焙煎

キリマンジャロコーヒーは、特徴的な酸味と甘く芳醇な香りが特徴のコーヒー豆ですが、その香りや味わいは生豆の焙煎度合いによって大きく変わってきます。焙煎度合いは浅煎り、中煎り、深煎りの3段階、大きく分けるとライトロースト、シナモンロースト、ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの8段階あります。

キリマンジャロを生豆から焙煎する時やキリマンジャロの焙煎豆を買う時は、ミディアム・ハイロースト・シティロースト・フルシティローストあたりがオススメ。特によりキリマンジャロらしい甘酸っぱい香りと特徴的な酸味を感じられるミディアムローストがオススメ。酸味を少しでも抑えたいならフルシティロースト。中深煎りのフルシティローストなら酸味と苦味、甘味のバランスの良いコーヒーに仕上がります。

キリマンジャロコーヒーのおすすめの飲み方

ミルクは入れずにブラックで飲む

ブラックコーヒー

キリマンジャロコーヒーを美味しく飲むなら、定番のペーパードリップやネルドリップで淹れてブラックで飲むのがオススメ。キリマンジャロコーヒーは苦味が少ない爽やかな味わいのコーヒーなので、普段ブラックでコーヒーが飲めないという人でも飲みやすいです。砂糖は少し入れても良いですが、ミルクを入れるのは基本的にNG。ミルクを入れてしまうとせっかくのキリマンジャロコーヒー特有の風味がなくなってしまいます。

コーヒーのお供にはフルーツケーキがオススメ

フルーツケーキとコーヒー

キリマンジャロコーヒーのお供には、フルーツを使ったショートケーキやレモンケーキ、ベリータルトといったスイーツが相性ぴったりです。お互いの酸味がお互いの良さを際立たせるので、酸味のあるキリマンジャロには甘酸っぱさを感じるフルーツケーキを一緒に食べてみましょう。また、浅煎りから中煎りではなく、中煎りから深煎りで淹れたキリマンジャロにはコクのある濃厚なチーズケーキも相性抜群です。

キリマンジャロコーヒーを飲んで贅沢なひとときを

注がれるブラックコーヒー

キリマンジャロコーヒーは高級銘柄の一つ。華やかな香りと上質な酸味が特徴で、贅沢なひとときの一杯にぴったり。フルーツをたっぷりと使った甘酸っぱいケーキとも相性が良いので、自宅やカフェでフルーツケーキと一緒にキリマンジャロで贅沢なひとときを過ごしてみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.