コーヒー豆をそのまま食べても大丈夫??その効果と注意点

更新日:

お皿の上のコーヒー豆

コーヒー好きなら今までに一度はコーヒー豆をそのまま食べてみたいという衝動に駆られたことがあるはず。しかし、コーヒー豆は食べても大丈夫なものか、そのまま食べて体に害はないのか心配になり、実際には食べずに踏みとどまったという人も多いでしょう。

この記事では多くの人が気になっているコーヒー豆はそのまま食べて大丈夫かどうかを紹介したいと思います。また、実際に食べて期待出来る効果や食べる際の注意点も紹介しつつ、美味しく食べるためのオススメレシピも紹介しています。コーヒー豆をそのまま食べてみたいと思った人は是非参考に。

コーヒー豆はそのまま食べても大丈夫

コーヒー豆を手に持つ

コーヒー豆はそのまま食べても大丈夫か、体に害はないか気になるところですが、基本的にそのまま食べても大丈夫です。コーヒー豆はその豆自体が食品の一つなので、そのまま食べたところで健康を害するようなことはありません。

実際、コーヒー豆をそのまま使ったお菓子も人気です。例えばカバヤ食品が販売している「ドトール コーヒービーンズチョコ」は、コーヒー豆をまるごと1粒使用し、コーヒー豆をチョコレートでコーティングしたお菓子です。カバヤ食品だけではなくその他のお菓子メーカーやコーヒーショップもコーヒー豆を1粒まるごと使ったコーヒー豆チョコ菓子を販売しているので、安心してコーヒー豆をそのまま食べることが出来ます。

そもそもコーヒー豆とはどんなもの??

コーヒーチェリー

そもそもコーヒー豆とはどういったものか気になるところ。実はコーヒー豆は、コーヒーチェリーと呼ばれる、さくらんぼのような赤い見た目の果実の種(種子)です。エチオピアを原産とするアカネ科コーヒー属の常緑植物である「コーヒーノキ」になる赤い果実の中にある種こそがコーヒー豆の正体なのです。この種は生豆と呼ばれ、生産地で収穫後消費国の全世界へと輸出され、焙煎という炒る加熱作業を経て、一般的な茶色のコーヒー豆となります。

コーヒー豆をそのまま食べた時の味

1粒のコーヒー豆を持つ

コーヒー豆はそのまま食べることが出来ますが、多くの人にとっては決して美味しいものではありません。まるでコーヒーを飲んでいるかのようなコーヒー特有の香りと風味を楽しむことが出来るものの、予想以上の苦味や渋みがやってくるのでコーヒー豆を実際に食べてみると多くの人がそのインパクトのデカさに驚くでしょう。もちろん一度それにも慣れてしまえば、コーヒー豆のカリカリとした食感とその強い苦味がクセとなり、コーヒー豆をそのまま食べることにハマってしまう人もいると思います。しかし、多くのコーヒー好きにとって「これは美味しい!」と思えるようなものではないです。

コーヒー豆を食べて期待出来る効果

お皿の上のコーヒー豆

コーヒー豆は焙煎後、全多糖類、少糖類、脂質、たんぱく質、全クロロゲン酸類、カフェイン、トリゴネン、脂肪族酸、無機成分、腐食酸という成分構成となっています。コーヒー液として抽出した場合と違ってコーヒー豆をそのまま食べる場合はたんぱく質や食物繊維も同時に摂ることが出来ます。ただし、コーヒー豆をそのまま食べた場合に期待出来る効果はコーヒーを飲む時とほぼ同じです。

効果①眠気覚まし

朝目覚めた人

コーヒー豆をそのまま食べた時に期待出来る効果一つ目は、眠気覚ましの効果です。コーヒー豆には焙煎後1.0%程度のカフェインが含まれています。カフェインは睡眠物質と呼ばれるアデノシンが神経を鎮静させる働きを阻害する役割があります。そのため、朝目覚めた時や昼食後の眠くなる時間帯にコーヒー豆を食べることで眠気を吹き飛ばすことが出来ます。長距離運転をする時の眠気防止にもオススメ。

効果②集中力アップ

仕事に集中する人

コーヒー豆を食べることで集中力を高める効果も期待出来ます。コーヒーを代表する成分であるカフェインは、集中力や注意力を高める働きがあります。仕事や勉強に集中したい時にエナジードリンクを飲んで集中力を高める人も多いですが、それはドリンク中にカフェインが含まれておりその効果を期待してのもの。コーヒー豆を食べることでも同様の効果が期待出来ます。また、コーヒー豆のトリゴネンという成分は、脳神経細胞を活性化させ痴呆を改善する高価があることも知られています。

効果③ダイエット

ダイエットのために運動をする人

ダイエットコーヒーという言葉があるようにコーヒーには脂肪燃焼・ダイエット効果が期待出来ます。もちろんそれはコーヒー豆をそのまま食べる場合も同じ。コーヒー豆に含まれるカフェインとクロロゲン酸は、お互いに脂肪燃焼に効果がある成分で、それぞれの働きによる相乗効果で脂肪燃焼・ダイエット効果が期待出来るのです。ダイエットのためにコーヒー豆を食べるなら、運動中の脂肪燃焼効果を上げるために運動前に食べるのがオススメ。

コーヒー豆を美味しく食べるためのオススメレシピ

チョコレートでコーティングしたコーヒー豆

コーヒー豆を美味しく食べるには、チョコレートでコーティングするレシピがオススメです。カバヤ食品の販売するコーヒービーンズチョコを始めチョコレートでコーティングしたコーヒー豆チョコはコーヒー好きや摘チョコレート好きの人に人気があるお菓子です。甘いチョコレートと苦いコーヒー豆との相性は抜群。チョコレートでコーティングするためカロリーはやや高くなってしまいますが、かなり美味しくコーヒー豆を食べることが出来ます。

作り方

  1. チョコレート(板チョコ等)をよく刻みボウルに入れる
  2. 約50~55度のお湯を入れたボウルで湯せんし、チョコレートを溶かす
  3. 約30度をいキープし、そのボウルにコーヒー豆を入れてすくい上げる
  4. オーブンペーパーを敷いたバッドなどの上に乗せる
  5. チョコレートが固まるのを待つ

コーヒー豆チョコの作り方は簡単です。市販の板チョコ等のチョコレートを湯せんで溶かし、そこにコーヒー豆をくぐらせてコーティングするだけです。とても簡単に自宅で出来るのでコーヒー豆を使ったお菓子作りにオススメ。また、チョコレートは好みによって甘めのミルクチョコレートを使ったり、ほろ苦いビターチョコレートを使ったりすると良いです。

コーヒー豆を食べる時の注意点

注意点①普段コーヒーを飲めない人は要注意

コーヒーを飲む人

コーヒーを普段あまり飲まないという人はコーヒー豆をそのまま食べるというのは注意しておきたい。その理由は、コーヒー豆をそのまま食べるというのはやはり刺激が強いから。普段から当たり前のようにコーヒーを飲んでいる人にとっては問題はなくても普段あまりコーヒーを飲まない人にとっては刺激が強すぎて胃もたれの原因となってしまう場合があります。また、予想以上の苦味にびっくりするはずです。

注意点②1回にたくさん食べ過ぎない

たくさんのコーヒー豆

コーヒー豆をそのまま食べる時に一番注意しておきたいのが、食べ過ぎないこと。コーヒー豆だとついついスナック感覚でパクパクとたくさん食べてしまうこともありますが、あまり一度にたくさんのコーヒー豆を食べてしまうカフェインの摂り過ぎによりカフェイン中毒の症状を引き起こしてしまう可能性があります。

一般的な一杯のコーヒーに使われるコーヒー豆は約10gです。そのためコーヒー豆をそのまま食べる場合はその10g(約60粒)以上食べないこと。間違っても1回当たりのカフェイン摂取量が200mg(約118粒)、1日当たりのカフェイン摂取量が400mg(約236粒)を超えるような爆食いはしないことです。

注意点③妊娠中・授乳中の人は控えておく

妊婦さん

妊娠中・授乳中の人はコーヒー豆をそのまま食べるのはオススメしません。妊婦さんや授乳中のお母さんがカフェインをたくさん摂取すると、おなかの中の赤ちゃんに直接悪影響を与えたり、母乳を通して間接的に赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。欧州食品安全機関によると妊娠・授乳中の人は1日200mg未満の摂取であれば問題はないとされています。しかし、気分転換にたまにコーヒーを飲むというのは別として、コーヒー豆をそのまま食べるというのは刺激が強いので妊娠・授乳中の人は控えておいた方が良いでしょう。

コーヒー好きなら、一度はコーヒー豆をそのまま食べてみるのもあり

コーヒー豆

コーヒー豆は決して美味しいものでないのですが、コーヒー好きなら好奇心で一度どんなものか食べてみるのは有りです。また、チョコレートでコーティングしてしまえば、コーヒー豆も美味しいお菓子へと大きく変わります。コーヒー豆を美味しく食べたいなら、市販のコーヒー豆チョコを買ってみる、または自宅で自分でチョコでコーティングして食べてみるのがオススメです。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.