幻のコーヒー「トラジャコーヒー」とは?その特徴とおすすめの飲み方

更新日:

幻のコーヒー「トラジャコーヒー」

幻のコーヒーと言われるインドネシア産のアラビカコーヒー「トラジャコーヒー(TORAJA COFFEE)」。かつてオランダ王室御用達のコーヒーと言われ、その美味しさに多くの人々が魅了されたインドネシア最高峰のコーヒー。現在は大手コーヒー会社キーコーヒーの看板商品である‟トアルコ・トラジャ(TOARCO TORAJA)”で有名。

この記事ではトラジャコーヒーとはどんなコーヒーか、その特徴やオススメの飲み方を紹介しています。また、幻のコーヒーと言われる理由についても紹介しているので、トラジャコーヒーが気になる方は是非参考に。

トラジャコーヒーとは

トラジャコーヒー

トラジャコーヒー(Toraja Coffee)とは、インドネシア中部にあるスラウェシ島で生産されている最高峰のアラビカ種コーヒーです。重厚なコクと苦味が特徴の「マンデリン」やジャコウネコの糞から作られる「コピ・ルアク」などと並ぶインドネシアを代表する銘柄です。戦時中に一時消滅してしまったことから幻のコーヒーとも言われています。現在は、大手コーヒー会社キーコーヒーの商品である「トアルコ トラジャ(TOARCO TORAJA)」、トラジャ地方カロシ地区の「カロシ(トラジャカロシ)」がトラジャコーヒーとして市場に流通しています。

タラジャコーヒーの産地はインドネシア・スラウェシ島

スラウェシ島の都市

トラジャコーヒーの産地はインドネシアのスラウェシ島。スラウェシ島は、ニューギニア島とボルネオ島、スマトラ島と並ぶインドネシア四大島の一つ。花のような形をした美しい島で、島内には手つかずの自然がたくさん残っています。場所は、日本人に人気のインドネシアの観光地であるジャワ島とバリ島の北側に位置しています。

インドネシアでは1600年代にオランダよりコーヒーの苗木が持ち込まれコーヒー栽培が始まりました。現在は世界第3位のコーヒー生産量を誇るまでに成長したコーヒー大国ですが、その大部分(90%)はいわゆる風味が劣ると言われるロブスタ種。香りが良く美味しいと言われるアラビカ種は残りの10%程。スラウェシ島で栽培されるコーヒーはインドネシアにおけるコーヒー生産量全体の僅かですが、アラビカ種コーヒーに限ってはインドネシアで一番の生産量を誇る島です。

インドネシアの秘境トラジャ地方でトラジャコーヒーがつくられている

タラジャ地方

トラジャコーヒーが生産されているのは、インドネシア・スラウェシ島の都市部から遠く離れた山奥。インドネシアの秘境ともいわれる人里離れた山奥にあるトラジャ地方でトラジャ族によってつくられています。

トラジャ地方は、標高1,000メートル以上の山岳地帯にあり、日中は強い陽射しがあり、夜になると気温がグッと下がるため昼夜の寒暖差が激しく、土壌は鉄分を豊富に含み、年間の降水量も多くコーヒーの栽培にはとても適した環境です。そこで生まれるコーヒーは絶品で、オランダの植民地時代にオランダ王室御用達のコーヒーとして指定されるほどに昔から高い評価を得ていました。もちろん、今でも世界を代表するグルメコーヒーとして高い人気を誇っています。

トラジャコーヒーが‟幻のコーヒー”と言われる理由

コーヒーノキのコーヒーチェリー

トラジャコーヒーは「幻のコーヒー」と言われています。なぜそのように言われるのか。その理由は、とても美味しいコーヒーで人気が高かったにも関わらず、第二次世界大戦やインドネシア独立運動などの影響によってトラジャ地方でのコーヒー栽培が衰退してしまい市場からトラジャコーヒーが消えてしまったためです。

日本人の力によってトラジャコーヒーが復活

コーヒー農園の農家

セレベス(スラウェシ)の名品と謳われながらも姿を消してしまったトラジャコーヒー。そのトラジャコーヒーを復活させたのは日本人。なんとかトラジャコーヒーを復活させ、その美味しさを多くの日本人へと届けたいという想いで、木村コーヒー店(現KEYCOFFEE「キーコーヒー)」が現地(トラジャ地方)へと出向き、パダマラ直営農園を作り現地の人と協力しながら幻のコーヒーであるトラジャコーヒーを復活させたのです。1978年には「いま蘇る幻のコーヒー」というキャッチフレーズのもと、日本全国で一斉にトラジャコーヒーが販売されました。

現在、トラジャ地区ではキーコーヒーの生産支援の下、直営農園を始め周辺の零細農園でも多くの高品質なトラジャコーヒーが栽培されています。キーコーヒーは厳しい品質チェックのもと周辺の農家からも出来るだけ多くのトラジャコーヒーを買い取り、「TORACO TORAJA(トラコ トラジャ)」という商品名でトラジャコーヒーの販売を行っています。そのコーヒーは、International Taste Institute優秀味覚賞を連続受賞するほど、世界的に認められた優れた風味を持ちます。また、トラジャ地区だけではなく同じトラジャ地方のカロシ地区でも高品質なコーヒーが栽培されており、そのコーヒーはカロシ(トリジャカロシ)として輸出されています。

トラジャコーヒーの特徴

特徴①大粒で真珠を思わせるような美しい見た目

大粒のコーヒー豆

トラジャコーヒーの見た目の大きな特徴は大粒であること。生豆は光の当たり方次第で明るい緑色から暗い緑色へと変化するため、コーヒーにおけるオパール(真珠)とも表現されることもあります。トラジャコーヒーの生豆をじかにみる機会があったら、是非その美しい姿を確認しておきましょう。

特徴②香り高くバランスのとれた味わい

トラジャコーヒーを飲む人

トラジャコーヒーの香りは、柑橘系果実を思わせるようなさわやかさにほんのりと甘みがあります。味わいとしては、酸味と苦味のバランスが絶妙。マンデリンのような強い苦味ではなくソフトな苦味で、特に酸味が強いこともなく非常に飲みやすい味。芳醇なコクもあり、単にあっさりとしているわけではないので飲み応えも十分。全体的に奥行のある深い味わいで、一度飲むとその美味しさに病みつきになりそうなコーヒーです。

美味しいトラジャコーヒーを飲むなら「トアルコ トラジャ」

トアルコトラジャ

美味しいトラジャコーヒーを飲むなら、キーコーヒーが展開する「トアルコ トラジャ」がオススメ。一時市場から消えてしまった幻のコーヒーを復活させたのがキーコーヒー。トラジャコーヒーと言えば、現地でも日本でもキーコーヒーのトアルコ トラジャなので、取りあえずトラジャコーヒーを飲むなら、トアルコ トラジャを飲んでみるのがオススメ。

トアルコ トラジャはトラジャ地方で生産されるコーヒー全てに与えられるものではなく、本当に品質の良いもののみに与えられるもの。トアルコ トラジャは完熟したコーヒーチェリーのみ手作業で一つ一つ収穫、熟練者による厳選なハンドピック、経験豊富で高い技術を持つエキスパートによる焙煎、熟練カップテスターによる厳しいチェックを経て、誕生。そして輸送管理も徹底した上でインドネシアから日本へと輸出されています。

ネルドリップで抽出したトアルコ トラジャが飲める喫茶店「トリコロール」

お店でトアルコ トラジャを飲んでみたいなら、喫茶トリコロールへ行ってみるのがオススメ。銀座に構える喫茶トリコロール本店は1936年に木村コーヒー店の店主である柴田文次氏が開いた喫茶店。昔のなつかしさ漂うレトロな雰囲気のお店で、煉瓦造りで入口には回転扉を備えているのが特徴。店内では、トアルコ・トラジャコーヒーが提供されていて、一杯ずつ丁寧にネルドリップで淹れてくれます。

トラジャ専門店「トラジャコーヒー(TORAJA COFFEE)」に行ってみるのもオススメ

トラジャ専門店である「TORAJA COFFEE(トラジャコーヒー)」へ行ってみるのもオススメ。トラジャコーヒーは大阪でチェーン展開するカフェ。店名にあるようにトラジャコーヒーを専門に取り扱うカフェで、一杯290円でトラジャブレンドコーヒーを飲むことが出来ます。また、トラジャを使った、カフェオレ、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテなども楽しむことが出来ます。

メニューはどれもリーズナブルで、フードメニューはパニーニ、ワッフル、ケーキ、トーストなどがあります。特にドリンクに+100円するだけでトーストとゆで卵(又はハムチーズト―スト)をつけられるモーニングセットが人気です。

店舗は、天満橋駅、富国生命ビル店、京阪モール店、ビエラ森ノ宮店、京阪百貨店すみのどう店、京阪くずは店、本町南ガーデンシティ店とあります。どれも大阪にある店舗です。

トラジャコーヒーのおすすめの飲み方

焙煎度合いはフルシティローストがオススメ

焙煎豆

トラジャコーヒーを飲むなら、焙煎度合いはフルシティローストがオススメ。フルシティ―ローストで、トラジャコーヒー独特の香りやコクをしっかりと出すことが出来ます。また、もう少し浅めに焙煎する場合でも最低ハイロースト以上で焙煎するのが良いでしょう。

ペーパードリップ或いはネルドリップで淹れてみよう

コーヒーをペーパードリップで淹れる

トラジャコーヒーの淹れ方としては、普通にペーパードリップかネルドリップで淹れるのがオススメ。インドネシアではコーヒーを飲む時に、焙煎豆を細かく挽いて直接マグカップに入れてそこにお湯を注ぎかき混ぜ上澄みを飲むようにするのが一般的。しかし、それだとトラジャコーヒーの美味しさをしっかりと楽しむことが出来ないので、そこは日本での定番の淹れ方で飲むのが一番。しっかりとコクを出したいなら、コーヒーオイルもほどよく抽出出来るネルドリップがオススメ。

まずはブラックで!、ミルクを入れても良し

ブラックコーヒーを手に持つ

せっかく幻のコーヒーと言われるトラジャコーヒーを飲むなら、ブラックで飲みたいところ。トラジャコーヒーは苦味はあるもののソフトな苦味で、味わいのバランスが取れているため比較的ブラックでも飲みやすいです。もし、ブラックが苦手というなら少し砂糖を入れてみても良いでしょう。

また、トラジャコーヒーはしっかりとコクのあるコーヒーなので、ミルクを入れても美味しいです。ブラックで飲んだ後はミルクを入れて飲んでみるのもオススメ。

幻のコーヒーと言われるトラジャコーヒーを飲んでみよう

アイスコーヒーを飲む人

トラジャコーヒーは熱狂的なファンがいるほど、苦味と酸味、甘味のバランスのとれた非常に美味しいコーヒー。芳醇なコクもありミルクとの相性も抜群。アイスコーヒーにしてもさわやかで美味しく飲めるコーヒー。かつて市場から姿を消し幻のコーヒーと言われたトラジャコーヒー、是非一度飲んでみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.