コーヒーミルの選び方とおすすめミル8選【手動&電動】

更新日:

コーヒーミル

コーヒー豆からドリップコーヒーを淹れる時に欠かせないのが「コーヒーミル」。コーヒー豆は粉ではなく豆の状態で購入し、その都度飲む直前にコーヒーミルを使って粉砕しドリップすることで自宅でも喫茶店で飲むような香り高く美味しいコーヒーを飲むことができます。

この記事では初めてコーヒーミルの購入を検討している初心者のために、コーヒーミルの選び方とともにオススメの商品を紹介しています。カリタやハリオなど人気のあるメーカーのものを中心に手動式と電動式両方を紹介しているので是非参考に。

コーヒーミルとは

コーヒーミルに豆を入れる

コーヒーミル(Coffee Mill)とは、焙煎したコーヒー豆(焙煎豆)を粉砕するためのコーヒー器具です。

自宅でコーヒーを入れるためには、まずはコーヒー豆を粉状に砕く必要があります。豆を粉状にすることでお湯と粉が触れる面積が増え美味しい成分がたくさん抽出されるようになります。あらかじめ粉状になっているコーヒー豆を購入する場合はコーヒーミルは不要ですが、豆のままのコーヒー豆を購入する場合はコーヒーミルは必要です。

また、コーヒーミルの代わりとしてミキサーを代用するという方法もありますが、ミキサーの故障の原因となったり、狙った粗さに均一に挽くことが出来ない等の問題もあるので、やはりコーヒー豆専用の粉砕機であるコーヒーミルを使用するのがオススメです。

コーヒーミルを使って豆を挽くメリット

コーヒー豆を挽く

スーパーやコーヒーショップでは、大抵の場合コーヒー豆は豆のままだけではなく粉状でも買うことが可能です。しかし、なぜコーヒー好きの人ほどコーヒー豆は豆のまま買ってわざわざ飲む度に豆を粉状に挽くのか。その理由は豆を挽くことに大きなメリットがあるためです。

メリット①コーヒーの香りを最大限に楽しめる

コーヒーミルを使ってコーヒー豆を挽く最大のメリットの一つ目は、そのコーヒー豆の香りを最大限に楽しめるため。コーヒーは香りを楽しむ飲み物ですが、その香りを一番楽しめるのは、豆を挽く時です。

コーヒーの香りの正体は、コーヒー豆の中にたまっている揮発性ガス。このガスは豆を粉砕した時に一気に放出されるため豆を挽いている時が香りのピークとなります。予め粉になっているコーヒー豆ではこの豆本来が持つ芳醇な香りを最大限に楽しむことが出来ません。

メリット②毎回美味しいコーヒーを飲める

コーヒーミルを使ってコーヒー豆を挽く二つ目のメリットは、本当に美味しいコーヒーを飲めるため。喫茶店で飲むコーヒーが美味しいのは鮮度の良い豆を使っている、淹れる技術に優れているというのもありますが、それらと同様にコーヒー豆を入れる直前にその都度挽いているというのもあります。コーヒーの美味しさは挽いた時がピーク。

挽いた後は豆内部のガスがどんどん抜け酸化も進んでいくために風味がどんどん落ちていきます。そのため、毎回美味しいコーヒーを飲みたいなら飲む前にその都度豆を挽くのがベストです。

メリット③抽出方法や飲み方に合わせ挽き目を自由に調整できる

コーヒーミルでコーヒー豆を挽く三つ目のメリットは抽出方法や飲み方に合わせて挽き目を自由に調整できることです。

挽き目とはコーヒー豆を挽いた時の粒の細かさ(粗さ)。一般的に挽き目は、極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽きの5種類。エスプレッソには極細挽き、ペーパーフィルターには中細挽き、フレンチプレスには粗挽きといったように抽出方法によって最適な挽き目が違い、また挽き目によって苦味強めで濃いめ、苦味弱めで軽めといった味わいの違いもあります。

コーヒーミルを選ぶ時のチェックポイントは2つ

コーヒーミル

  1. 駆動方式(手動か自動か)
  2. 刃の種類(プロペラ式か臼式かコニカル式か)

初めてコーヒーミルを選ぶ時にチェックすべきは、駆動方式と刃の種類の2つ。コーヒーミル初心者の場合コーヒーミルはどれも同じに見えるのに値段が大きく違うため、どこがどう違うのか戸惑いがち。また、何を基準にどう選べば良いのかも分からず困ってしまいます。

基本的に初めてのコーヒーミルを選ぶ時は、駆動方式が手動式なのか駆動式なのと豆を粉砕する刃の種類がプロペラ式なのか臼式なのかコニカル式なのかの2ポイントをチェックしておけば大丈夫です。

 

コーヒーミルの選び方①手動or自動

コーヒー豆を入れたコーヒーミル

まずコーヒーミルを選ぶ時に、手動式コーヒーミルにするか、自動式コーヒーミルにするか決める必要があります。手動式コーヒーミルとはハンドルを回し自分の力で豆を粉砕するタイプで、自動式コーヒーミルとはスイッチを押し電気の力で豆を粉砕するタイプです。単純に価格の安い、高いだけではなくそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合ったものを選びましょう。

手動コーヒーミルのメリット・デメリット

手動のコーヒーミル

メリット デメリット
  • 価格が安い
  • インテリアとして存在感がある
  • コンパクトで場所をとらない
  • 持ち運び出来るからアウトドアにも便利
  • 手入れしやすい
  • 挽く時の感触、音を楽しめる
  • 挽くのに時間がかかる(数分)
  • 一度に挽ける量は少な目(2杯程度)
  • 挽きムラが出来やすい

手動コーヒーミルを選ぶメリットは、値段が安いこと。さらにインテリアとしての存在感があるため部屋に飾っておくとお洒落。コンパクトで場所もとらないため、邪魔にはなりません。持ち運びも出来るためアウトドアでコーヒーを入れる時に持って行くのにも便利。デメリットは、手動であるため挽くのに時間かかる、一度に挽ける量が少ない、挽きムラが出来やすいといったところ。

基本的に手動コーヒーミルは安いので初心者にオススメ。また、味のあるお洒落なデザインのコーヒーミルで挽く時の感触や音も楽しみたいというコーヒー通にもオススメ。

電動コーヒーミルのメリット・デメリット

電動のコーヒーミル

メリット デメリット
  • スイッチを押すだけで楽に簡単に挽ける
  • 短時間で挽ける
  • 均一に挽きやすい
  • 価格が高い
  • 大きいため場所をとる
  • 挽く時の音がうるさい

自動コーヒーミルを選ぶメリットは、スイッチを押すだけで簡単に手っ取り早くコーヒー豆を挽けること。電気で動くため手動よりもコーヒー豆を均一に挽きやすいという特長もあります。デメリットとしては、値段が高いこと、大きいため比較的場所をとること、挽く時の音がうるさいこと。

自動コーヒーミルは、値段は多少上がってでも手っ取り早くコーヒー豆を挽きたい人にオススメ。また、挽き目を出来る限り均一にし、雑味の原因となる微粉を少なくし、コーヒー豆本来の風味を最大限楽しみたいというコーヒー通にもオススメ。

コーヒーミルの選び方②プロペラ式or臼式orコニカル式

コーヒーミルの刃

自宅用コーヒーミルの豆を砕く部分に当たる刃にはプロペラ式と臼式、コニカル式の3種類あります。同じ手動式、電動式でも刃の種類によって、値段や挽いた粉の均一性、手入れのしやすさ等に違いがあります。

特に挽いた粉の均一性に優れているほどコーヒーを抽出した時にバランスの優れた味わいとなります。粉の粗さにムラがあると味のバランスが崩れたり、微粉(細かすぎる粉)がたくさんあるとエグ味や渋みが混じった味わいとなります。

プロペラ式のメリット・デメリット

プロペラ式

プロペラ式のコーヒーミルとは、刃の形状がプロペラ状のもの。調理用ミキサーのように、プロペラ状の刃を回転させることでコーヒー豆を粉砕する仕組みになっています。

プロペラ式のメリットは、価格の安さ。安い自動コーヒーミルはほとんどプロペラ式です。プロペラ式は作りがシンプルなため手入れしやすいという特長があります。しかし、挽き目が細かいものと粗いものが入り混じる挽きムラが多いため、本当に美味しいコーヒーにこだわる人には不向きです。取りあえず多少の挽きムラによる味わいの不安定さはあっても、安く自動コーヒーミルが欲しいという人にオススメ。

臼式のメリット・デメリット

臼式

臼式のコーヒーミルとは、上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰すタイプです。一部の安いプロペラ式を除き、多くのコーヒーミルはこの臼式です。

臼式のメリットは、プロペラ式よりもコーヒー豆を挽きムラなく均一に挽けること。プロペラ式の場合は挽く時間で挽き目を調整する必要がありますが、臼式の場合はダイヤル操作で簡単に挽き目の細かさや粗さを調整することが可能です。デメリットはプロペラ式よりも値段が高く、複雑な構造うえに手入れも大変なこと。

プロペラ式はあくまでも値段を安く抑えたい人向けで、本当に美味しいコーヒーを飲みたいなら臼式がオススメ。

コニカル式のメリット・デメリット

コニカル式

コニカル式のコーヒーミルとは、筒の中で円錐状の刃が回転することでコーヒー豆を粉砕するタイプ。家庭用コーヒーミルのほとんどはプロペラ式か臼式ですが、最近はコニカル式も徐々に増えています。

コニカル式のメリットは、プロペラ式や臼式よりもコーヒー豆を均一に挽けること。さらにエスプレッソ用の極細挽きにも対応しているため、エスプレッソを自宅で飲みたい場合はコニカル式がオススメ。デメリットとしては価格が高く、手入れも面倒なこと。

微粉少なく均一に挽けた粉で美味しいコーヒーを飲みたいという人にオススメ。ただし、家庭用コーヒーミルの場合は必ずしも臼式よりコニカル式が優れているということはなく、高性能なモーターを採用している臼式の方がコニカル式よりも優秀な商品は多いです。

【手動】コーヒーミルのおすすめ

ハリオ MSS-1TB

おすすめのコーヒーミル①

  • 価格:☆☆☆☆☆
  • デザイン性:☆☆☆
  • 均一性:☆☆
  • お手入れ:☆☆☆☆☆

初めてのコーヒーミル、コスパの良さで選ぶならハリオの手動コーヒーミル「MSS-1TB」がオススメ。2,000円台で購入出来る安さに加え、粉受け部が透明で粉の挽き具合を確認出来る優れもの。臼式採用ではあるものの挽いた均一性はそこそこですが、パーツを全て分解して洗えるなど実用性の高いアイテム。そこまで挽き目の均一性にこだわらないのであれば、最初のコーヒーミルとしてオススメ。

カリタ KV-1N

おすすめのコーヒーミル②

  • 価格:☆☆☆☆
  • デザイン性:☆☆☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆
  • お手入れ:☆☆☆

デザイン性に優れたお洒落なコーヒーミルを手ごろな価格で購入したいという人にカリタの手動コーヒーミル「KV-1V」がオススメ。木製で水洗いはしにくいものの、その見た目の良さは抜群。インテリアの一つとして飾っておけるほど。また、コーヒー機器総合メーカーであるカリタ製のコーヒーミルなので値段の割には挽いた豆の粉の均一性に優れているのも特徴。

プジョー ノスタルジー

おすすめのコーヒーミル③

  • 価格:☆☆
  • デザイン性:☆☆☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆
  • お手入れ:☆☆☆

雰囲気あるクラシックデザインのコーヒーミルを好む人には、プジョーのコーヒーミル「ノスタルジー(841-1)」がオススメ。このコーヒーミルは1840年からコーヒーミルを製造しているプジョーの初期モデルを復刻したもの。値段は1万円を超えるものの、そのデザイン性は秀逸。ハンドルを回す時の挽き心地も良く、プジョーらしい伝統的なコーヒーミルです。

ポーレックス コーヒーミル2ミニ

おすすめのコーヒーミル④

  • 価格:☆☆☆
  • デザイン性:☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆☆
  • お手入れ:☆☆☆☆☆

機能性に優れた手動コーヒーミルを求める人に、ポーレックスの「コーヒーミル2ミニ」がオススメ。手動コーヒーミルでは非常に珍しいコニカル式を採用するミルで、挽き目の均一性に優れています。そのためコーヒーの味わいにとことんこだわる人にぴったり。また、パーツを分解して細部まで洗うことが出来るのでとても衛生的。コンパクトなので持ち運びもしやすく、非常に機能性に優れたミル。

【自動】コーヒーミルのおすすめ

カリタ イージーカットミル

おすすめのコーヒーミル⑤

  • 価格:☆☆☆☆☆
  • デザイン性:☆☆
  • 均一性:☆
  • お手入れ:☆☆☆

安い自動コーヒーミルが欲しいという人に、カリタの電動コーヒーミル「イージーカットミル(EG-45)」がオススメ。プロペラ式で挽き目の均一性には劣るものの、2,000円前後で自動コーヒーミルが買えるのはかなりのお買い得。40g(3~4杯分)のコーヒー豆を30秒で中挽きに出来るので、安く手っ取り早く豆を挽きたいという人にぴったり。

メリタ パーフェクトタッチⅡ

おすすめのコーヒーミル⑥

  • 価格:☆☆☆☆
  • デザイン性:☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆
  • お手入れ:☆☆

それなりの機能性の自動コーヒーミルをそこそこのお値段で買いたいという人にメリタの自動コーヒーミル「パーフェクトタッチⅡ」がオススメ。刃はプロペラ式よりもムラの少ない臼式を採用。挽き目は調節ダイヤルで簡単に16段階で調節可能。挽く豆の量も杯数目盛で最大12杯分まで簡単に設定可能。臼刃採用の自動コーヒーミルとしては非常にコスパの良いアイテムです。

ハリオ V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト

おすすめのコーヒーミル⑦

  • 価格:☆☆☆
  • デザイン性:☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆☆☆
  • お手入れ:☆☆

コーヒー豆を出来るだけ均一に挽きたいという人にはハリオの「電動コーヒーグラインダーコンパクト(EVC-8B)」がオススメ。家庭用コーヒーミルでは数少ないコニカル式を採用したミル。粗さは39段階調整可能で、ペーパーフィルターはもちろんのことフレンチプレスからエスプレッソまで対応。家庭用自動コーヒーミルとしてはかなり性能の良いアイテム。おまけにコンパクト仕様なのでそれほど場所をとることもありません。

カリタ ネクストG

おすすめのコーヒーミル⑧

  • 価格:☆☆
  • デザイン性:☆☆☆☆☆
  • 均一性:☆☆☆☆☆
  • お手入れ:☆☆☆

家に本格的な自動コーヒーミルが欲しいという、とことんこだわる人にはカリタの「ネクストG」がオススメ。臼刃式採用のミルですがモーターの性能が良いので挽き目の均一性はかなり高い。自動コーヒーミル特有の静電気による粉の飛散問題にも対応。音も静かと非常に機能性に優れたハイスペックな自動コーヒーミル。ミルにもとことんこだわりたい人に非常にオススメの逸品です。

お気に入りのコーヒーミルを見つけてコーヒー豆を挽く過程も楽しもう!

コーヒーとマグカップ

コーヒー豆を挽くことでコーヒー本来の豊かな香りを最大限楽しむことが出来ます。是非お気に入りのコーヒーミルを見つけてコーヒーを挽く過程も楽しんでみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.