二日酔いにコーヒーは効果的?おすすめの飲み方と注意点

更新日:

二日酔いの人

会社の同僚や友達との飲み会でついついお酒を飲み過ぎてしまった翌日のつらい頭痛やめまい、吐き気などの二日酔いの対処法としてコーヒーを飲むのは効果的か。なんとなく二日酔いにはコーヒーを飲むのが良いと思っている人も多いですが、実は効果を発揮する場合もあれば逆効果となる場合もあるのです。この記事では、二日酔い対策としてのコーヒーのお勧めの飲み方とともに注意しておくべき点を紹介しています。

二日酔いによる不快な症状の原因は「アセトアルデヒド」

ビール

お酒を飲んだ翌日に、頭がズキズキする、ガンガンするといった頭痛を始め、めまい、吐き気、胸やけなどのつらい症状が現れるのが「二日酔い」です。

二日酔いの原因ははっきり言ってお酒の飲み過ぎです。お酒には有害物質であるアルコールが含まれています。このアルコールは体内へ入ると胃で20%、小腸で80%吸収されその大部分が肝臓でアセトアルデヒド(有害物質)へ一旦分解され、最後に酢酸へと分解され無害化されます。お酒を飲んだその日にアルコールを無害化することが出来れば二日酔いは起こらないのですが、自分の肝臓の代謝能力以上のたくさんのアルコールを摂取してしまうと、翌日になっても体内に有害物質であるアセトアルデヒドが残ってしまい、それに伴い頭痛や吐き気などの症状が起きるのです。

お酒を飲んだ翌日に二日酔いにならないためには、お酒を飲み過ぎないことが大切。特に寝不足や仕事で疲れている時などはいつもよりもアルコールの代謝に時間がかかってしまい、いつもは問題ないお酒の量でも悪い酔い、そして翌日の二日酔いへとつながることがあるので飲む量には注意する必要があります。

 

二日酔い頭痛にコーヒーが効果的

ベッドで頭痛にくるしむ女性

二日酔いの代表的な症状と言えば「頭痛」です。アルコールやアセトアルデヒドには血管を拡張する作用がありますが、その拡張作用によって広がった血管が周りの神経を圧迫し炎症を起こし痛みを引き起こすことがあります。このような血管拡張による頭痛には、ある程度コーヒーを飲むのが効果を発揮します。

コーヒーを飲むことで頭痛の解消が期待できるのは、カフェインのおかげ。カフェインは言わずと知れたコーヒーの代表成分の一つで血管収縮作用があります。血管が拡張して頭痛を引き起こしているような場合には、カフェインをとって血管を収縮させることが一定の効果が期待できるというわけです。

また、市販の風邪薬や頭痛薬などにもカフェイン(無水カフェイン)が配合されていることが多いのは、このカフェインによる直接的な脳血管の収縮作用を期待してのものです。

二日酔い対策にコーヒーを飲むなら「カフェオレ」がオススメ

カフェオレ

前日に飲み過ぎてしまった翌日のつらい二日酔い対策としてコーヒーを飲むなら、ミルク入りのコーヒーである「カフェオレ」を飲むのがオススメ。その理由は、カフェインの摂り過ぎを防ぎつつ、胃に優しいミルクと肝機能をサポートするための糖分も程よく摂ることが出来るためです。

二日酔いの朝にはブラックコーヒーを飲むという人もいますが、ブラックだとカフェインが多く人によっては逆に気持ち悪さが助長する場合があります。牛乳を入れるとそのアルカリ性によって胃酸の酸を中和することが出来るので二日酔いによる吐き気や胸やけなどの気持ち悪さにもプラスの効果が期待出来ます。また、肝臓がアルコールとアセトアルデヒドを無害化する過程の代謝中にはたくさんのエネルギーが必要となるため糖分を摂取することも大切。コーヒーに牛乳と砂糖を入れることで、普通にコーヒーを飲むよりも二日酔いへの効果を高めることが出来ます。

 

二日酔い対策でコーヒーを飲む時の注意点

コーヒーを飲む女性

注意点①たくさん飲まない

二日酔いの場合、特にアルコールやアセトアルデヒドによる血管拡張作用によって頭痛が発生している場合にはコーヒーを飲むことで頭痛を解消するのに十分な効果が期待出来ます。しかし、それは適量の場合。コーヒーが良いからと言ってたくさん飲み過ぎると逆に頭痛が悪化したり、吐き気や胸やけが助長される可能性があるので、1~2杯程度にとどめておきましょう。

注意点②吐き気を伴う場合は控えておく

基本的に吐き気、胃痛、胸やけといった症状を伴う場合は、コーヒーは控えておくのがオススメ。その理由は、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には胃酸の分泌を促進する作用があるため。お酒の飲み過ぎで胃が荒れてしまっている状態でコーヒーを飲むと余計に気持ち悪くなる場合があるので、頭痛ではなく吐き気や胸やけなどの症状が強い時には控えておきましょう。

注意点③普段コーヒーを飲まない人は控えておく

二日酔い対策としてコーヒーを飲むのをオススメ出来るのは、普段からコーヒーを飲んでいる人です。基本的に普段コーヒーは飲まないという人には二日酔い対策としてコーヒーはそれほどオススメ出来ません。コーヒーを普段飲まないような人の場合はカフェインやコーヒーポリフェノールによる刺激が二日酔いに逆効果となる可能性があるためです。

二日酔い対策にコーヒー以外にオススメの飲み物

水を手に持つ女性

二日酔いの対処方法として一番大切なことは、水分補給をすること。アルコールには利尿作用があるため、お酒をたくさん飲んだ翌日は脱水状態により体内に水分が不足している状態となっています。そんな状態だとなかなか有害物質であるアセトアルデヒドを体外へと排出することが出来ないため、お酒を飲んだ後、そしてその翌日としっかり水分を摂ることを意識しましょう。

コーヒーはカフェインを含むため多少の利尿作用があるものの、コーヒー自体も水分補給には効果的です。また、コーヒー以外で二日酔い対策に何かを飲むなら「シジミ味噌汁」「スポーツドリンク」「グレープフルーツジュース」あたりがオススメ。

①シジミ味噌汁

シジミ汁

二日酔い対策の定番はやはり「シジミ汁(シジミ味噌汁)」。シジミの重要成分であるオルニチンには肝臓の働きを助け、肝臓による代謝・解毒作用を促進する作用があるため、お酒を飲み過ぎた時には一番のお勧め。

②スポーツドリンク

スポーツドリンク

スポーツドリンクもオススメ。二日酔いでは水分を補給することが大切ですが、適度に塩分と糖分を含むスポーツドリンクは素早い水分補給に最適。また、普通に水を飲むよりも適度な塩分と糖分を含むスポーツドリンクの方が胃に優しいというメリットもあります。

③グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュース

さらには果汁100%ジュースもオススメ。フルーツに含まれる果糖はアルコールを分解する酵素を活性化させる作用があり二日酔い対策に効果的。さらに言えばグレープフルーツジュースがオススメ。グレープフルーツには肝臓の働きを助けるビタミンCとクエン酸が豊富に含まれています。ただし、あまりたくさん飲むと胃酸の分泌を促進してしまうため飲み過ぎには要注意。

二日酔い対策も大事だけど予防するのも大事!!

ビールと焼き鳥

二日酔い対策としてコーヒーを飲むのはそれなりに効果が期待出来ます。特に血管拡張型頭痛を誘発してしまっている時にその威力を発揮してくれるはず。また、コーヒー以外ではシジミ汁、スポーツドリンク、グループフルーツジュースもオススメ。

ただし、一番の二日酔い対策は二日酔いにならないように予防をしっかりすること。そのためにお酒は自分のお酒の強さ以上にたくさん飲み過ぎないこと、速いペースで飲み過ぎないこと、そしてお酒を飲む時は肝機能を高めるタンパク質を豊富に含む枝豆、焼き鳥、冷ややっこといったおつまみを一緒に食べるようにするといった工夫をするようにしましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.