日本で人気のコーヒーチェーン店全20社の特徴とおすすめ名物メニュー

更新日:

コーヒーチェーン店

日本にはスターバックスコーヒーやタリーズコーヒーを始め、全国展開しているコーヒーチェーン店がたくさんあります。アメリカ・シアトル系のように、カプチーノやカフェラテ、カフェモカといったさまざまなアレンジコーヒーを提供するスタバを代表とするアメリカ西海岸系のコーヒーショップ、昔ながらのクラシカルな雰囲気漂う上島珈琲店や珈琲館といった喫茶店系チェーン、特別感漂う椿屋珈琲のような高級喫茶店チェーンといったように本当に様々なカフェチェーン店があります。

この記事では、日本に存在するコーヒーチェーンの中で特に人気の高いオススメチェーンを紹介しています。基本的に全国展開しており、店舗数も多いチェーンを厳選しています。また、そのお店の名物メニュー(人気メニュー)も紹介しているので是非参考に。

スターバックスコーヒー(STARBUCKS COFFEE)

  • 名称:スターバックスコーヒー
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:1530店舗
  • 価格:ドリップコーヒー290円/スターバックスラテ340円

国内を代表する人気コーヒーチェーンと言えば「スターバックス(通称スタバ)」。1971年にアメリカ西海岸で誕生し1996年に日本上陸。日本にカフェラテやカプチーノ、カフェモカといったエスプレッソベースのアレンジコーヒーを多数持ち込み、日本のカフェブームを牽引。スタバ独自のオリジナルドリンク‟フラペチーノ”を始め魅力的なメニューとお洒落で居心地の良い空間を提供し、老若男女問わず多くの人から愛される存在に。今では国内店舗数堂々の第1位のコーヒーチェーン店となっています。

スターバックスは店員さんのもてなしも最高です。どんな人にも笑顔で明るく対応してくれ、困った時には臨機応変な対応をしてくれ、時には嬉しいサプライズをしてくれることも。また、スターバックスではドリンクを自分好みにアレンジできるのも魅力的。シロップやソース、ホイップクリームなどを追加したり、ミルクを豆乳や無脂肪に変更したりと自分好みのドリンクを簡単に作ることが出来ます。

人気メニュー「フラペチーノ」

スターバックスを代表する人気商品と言えば「フラペチーノ」。スターバックスでは、日替わりのドリップコーヒーやスターバックスラテも人気ですが、多くの人が知っているスタバらしい商品と言えばフラぺです。フラペチーノはコーヒーとミルク、氷などをミキサーにかけてつくったフローズンドリンクです。毎年季節ごとに期間限定で新作が登場するので、毎年何度も何度もスターバックスのフラペチーノが話題になっています。

ドトールコーヒーショップ(DOUTOR)

  • 名称:ドトールコーヒー
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:1095店舗
  • 価格:ブレンドコーヒー224円/カフェラテ275円

日本を代表する日本発のコーヒーチェーン店と言えば「ドトール」です。ドトールは1980年に原宿に第1号店をオープンし、今や店舗数は1000店舗を超えスターバックスに続く店舗数を誇る超大手のコーヒーチェーン店です。ドトールの魅力はその価格の安さ。ドトール誕生当時は1杯150円という破格の安さが大きな話題を集めましたが、その安さは今でも健在。ドトールはスタバほどのお洒落さはないものの、安さと素朴さによる新機関があり様々な人から愛される存在に。肩肘を張ることなくリラックスできるということで、スタバではなくドトールを普段使いするという人も多いです。

また、ドトールの魅力は安さだけではありません。ドトールはコーヒーの美味しさにもこだわっています。コーヒー豆の焙煎は風味に定評のある直火焙煎を採用し、また焙煎工場で必要な分だけ焙煎し新鮮なコーヒー豆だけを使いコーヒーを提供しているので、安いながらも本格的で美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

人気メニュー「ジャーマンドック」

ドトールと言えばフードメニューが美味しいことでも評判。人気があるのがジャーマンドッグとミラノサンド。特に全ての素材にこだわりが詰まったジャーマンドッグはドトールを代表するベストセラー商品です。このジャーマンドッグのメインであるソーセージはドトール創業者鳥羽博道氏がソーセージの本場ドイツ・ハンブルクの街角で食べた味を再現したものです。ソーセージ、パン、マスタードとどれをとっても美味しい。

コメダ珈琲店

  • 名称:コメダ珈琲店
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:873店舗
  • 価格:コメダブレンド430円/カフェオーレ430円

昔ながらの喫茶店系で人気が高いのが「コメダ珈琲店」。コメダは、1968年に名古屋で誕生した喫茶店。今では全国どこでも見かける超人気喫茶店となっています。コメダの大きな特徴は、ゆったりとくつろげること。店内は木とレンガを基調とした温かみのある空間になっており、座り心地最高のフカフカの赤いソファーがあるのでゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。間仕切りもありプライベートもしっかりと守ることが出来ます。

また、店内で提供されるドリンクとフードはどちらもびっくりするぐらいボリューミー。ドリンクはブーツ型グラスやダルマグラス、ジョッキなどにたっぷりと注がれており、フードは2人でシェアして丁度良いぐらいのバーガー、サンドといったボリューム満点のメニューが揃っています。

人気メニュー「シロノワール」

コメダを代表する定番メニューと言えば「シロノワール」。自社工場製の温かいデニッシュパンの上に冷たいソフトクリームとチェリーをトッピングしたもの。ここに甘いシロップをたっぷりとかけていただきます。このシロノワールはとにかく絶品。毎年シーズンごとに期間限定のアレンジ商品が出ることも有名です。

タリーズコーヒー(TULLY'S COFFEE)

  • 名称:タリーズコーヒー
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:700店舗
  • 価格:本日のコーヒー305円/カフェラテ340円

スターバックスと並ぶシアトル系の人気カフェ「タリーズ」。タリーズは1992年アメリカ・シアトルで誕生し、1997年に日本上陸。タリーズの大きな特徴は、コーヒーの美味しさ。シアトル系カフェでは海外で焙煎したコーヒー豆を国内へ輸入するのが一般的ですが、タリーズは輸入した生豆を国内工場で焙煎しています。そのため、焙煎したての鮮度に良いコーヒーをお店で提供することが出来、タリーズのコーヒーは美味しいと評判です。

タリーズはスターバックス同様に店内はお洒落で洗練された空間となっています。また、スターバックスよりは年齢層はやや高めということで、スタバよりも落ち着きがある、のんびりできるとの声も多いです。

人気メニュー「ボールパークドッグ」

タリーズはサンドイッチ、パスタ、ホットドッグといったフードメニューに、ドーナツ、スコーン、アップルパイ、ケーキといったお菓子・デザートメニューが豊富。その中でもタリーズを代表する定番商品と言えば「ボールパークドッグ」です。アメリカの野球場(ボールパーク)で売られているホットドッグをイメージして作られた商品で、ジューシーなソーセージを歯ごたえのあるライ麦パンではさんでいるのが特徴。

サンマルクカフェ

サンマルクカフェ

画像元:サンマルクHP

  • 名称:サンマルクカフェ
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:404店舗
  • 価格:ブレンド200円/カフェラテ280円

美味しいパンが食べられるカフェチェーンと評判が高い「サンマルクカフェ」。サンマルクカフェはベーカリーレストランサンマルクを運営するサンマルクホールディングスが展開するカフェチェーン店なので、とにかくパンが美味しいことで有名。サンマルクでは、遠赤外線効果で美味しいパンが焼けると言われる石釜よりもさらに強い遠赤外線効果を発揮する究極のオーブンを開発。そのオーブンを使って毎日焼きたてのパンを焼いているのでコーヒーとパンが食べたい時にぴったり。

また、サンマルクはデザートでも有名。特にパフェの種類が豊富で、甘いものを食べたい時にサンマルクを選ぶ人も多いです。サンマルクでは、デニッシュ生地の上に濃厚なソフトクリームを乗せ、そこにキャラメルソースをかけたデニブラウン(サンマルク版シロノワール)というメニューも人気。

人気メニュー「チョコクロ」

サンマルクカフェはパンで有名ですが、数あるパンメニューの中でも特に人気が高いのが「チョコクロ」。サクサクのクロワッサン生地にビターテイストのチョコレートを挟んで焼いたもので、サンマルクを代表する超人気商品となっています。また、季節限定で発売されるアレンジ商品も人気です。特に冬季限定のホワイトチョコが人気。

プロント(PRONTO)

  • 名称:プロント
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:290店舗
  • 価格:コーヒー240円/カフェラテ290円

昼と夜で別の顔を持つカフェチェーン「プロント」。プロントは昼はカフェ、夜はバーとして時間帯によって違う顔を持つカフェ&バーのお店です。もちろん朝も営業しており朝はパンとドリンクのモーニングセット(360円~)が人気。また、店内はイタリアンバルのような雰囲気で、夜はしっかりバーとしてお酒を楽しむことが出来ます。

人気メニュー「半熟卵のカルボナーラ」

プロントはパスタが美味しいことでも評判です。カフェ&バーでありながら本格的なパスタを提供してくれるので、カフェでありながらもしっかりと美味しいランチをとることが出来ます。中でも人気があるのがプロント定番の「半熟卵のカルボナーラ」。半熟卵とパスタをからめて食べることで濃厚な味わいを楽しむことが出来ます。

星乃珈琲店

  • 名称:星乃珈琲店
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:255店舗
  • 価格:星乃ブレンド400円/カフェラテ450円

人気急上昇中の喫茶店系チェーン店「星乃珈琲店」。星乃珈琲店はドトール・日レスホールディングスの展開ブランド。ドトール・日レスホールディングスは国内大手コーヒーチェーン店ドトールや洋食屋五右衛門、強風スパゲッティー千斗入ル、浅草パスタといったレストランを展開しています。そのため、星乃珈琲店は美味しいコーヒーとともに、フードメニューもかなり充実しているのが特徴です。他のコーヒーチェーン店にはない本格的なパスタ、窯焼きカレーライス、カツカレー、ドリア、オムライス、ハンバーグといったレストランメニューがずらっと揃っています。

また、店内は落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。高い天井には本物のシャンデリアがあり、ソファーは革張りと高級感もあります。星乃珈琲では上質な空間で美味しいコーヒーと本格的な料理を楽しむことが出来ます。

人気メニュー「窯焼きスフレパンケーキ」

星乃珈琲店で人気が高いのが「窯焼きスフレパンケーキ」。ふわふわで厚みのあるパンケーキに塩っ気のあるホイップバターを乗せ、そこに甘いシロップをかけていただく逸品です。パンケーキはシングルとダブルを選ぶことが出来ますが、見た目とは違い口当たりが軽いのでダブルでもペロリと食べられます。

珈琲館

珈琲館

画像元:珈琲館Facebook

  • 名称:珈琲館
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:240店舗
  • 価格:珈琲館ブレンド400円

昔からあるフルーサービスのコーヒーチェーン店「珈琲館」。珈琲館は1970年にスタートした50年の歴史を誇る老舗喫茶店。大きな特徴は、昔懐かしい喫茶店の雰囲気を持っていること。店内にはレトロな雰囲気が漂い、メニューも昔の喫茶店にあるような定番メニューがほとんど。昔と変わらない雰囲気の中でゆっくりとした時間を過ごすことが出来るので、特に40代以上の人に人気。

また、提供するコーヒーは注文のたびにコーヒー豆を挽き、香りとコクを引き出すためにじっくりと抽出したもの。喫茶店らしい淹れたての美味しいドリップコーヒーを飲むことが出来ます。また、珈琲館ではオリジナリティーの高い炭火焙煎の珈琲豆を使った炭火珈琲を提供しています。

人気メニュー「珈琲館ホットケーキ」

珈琲館で人気が高いフードメニューが「珈琲館ホットケーキ」。銅板で一枚一枚丁寧に焼き上げたホットケーキで、昔懐かしい甘く素朴な味わい。

カフェ・ド・クリエ(CAFE de CRIE)

  • 名称:カフェ・ド・クリエ
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:204店舗
  • 価格:ブレンド250円/カフェラテ310円

関東を中心に全国展開するコーヒーチェーン店「カフェ・ド・クリエ」。カフェドクリエは「たくさんのしあわせを」をコンセプトに誕生したカフェチェーン店で、フランスをイメージしています。店内は落ち着きのあるブランカラーを基調とし、優しく温かみのある印象。メニューは定番のドリンクメニューを始め、フードやスイーツメニューも充実しています。

人気メニュー「2つのサンド 海老アボカドとツナ」

カフェドクリエの人気メニューはサンドイッチ。特に海老とアボカドを使った海老アボカドとツナサンドの2つサンドが女性に人気。

カフェ・ベローチェ(FACE VELOCE)

  • 名称:カフェ・ベローチェ
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:173店舗
  • 価格:ブレンドコーヒー210円/カフェラテ280円

2018年にスタバやドトールといった名だたる人気カフェを抑え、カフェ顧客満足度堂々の第1位を獲得した「カフェ・ベローチェ」。ベローチェの最大の特長は、コスパの良さ。ブレンドコーヒー一杯210円という安さ。そしてコーヒーにサンドイッチをつけてもワンコインで収まるので国内に数あるカフェチェーン店の中でもそのコスパは最強。フードメニューはサンドイッチ、焼きたてドッグ、焼きたてサンド、パスタなど充実しており、どれも安いです。また、上質でお洒落な空間であるスタバやタリーズのように肩肘を張ることなく自宅のようにリラックスできる空間であることも人気の理由です。

人気メニュー「コーヒーゼリー」

ベローチェで人気があるのが「コーヒーゼリー」。深い味わいのコーヒーゼリーに濃厚でコクのあるソフトクリームをたっぷりと乗せた逸品。コーヒーゼリーの苦さとソフトクリームの甘さのバランスが絶妙で一度食べるとクセになる味です。

上島珈琲店

  • 名称:上島珈琲店
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:111店舗
  • 価格:ブレンド390円

大人の上質な喫茶店である「上島珈琲店」。上島珈琲店は、UCCホールディングスが価値のわかる大人のために展開する大人のための喫茶店。店内は日本の喫茶店文化を現代風に再現した和風モダンスタイル。どこか懐かしい上質な空間で流れるジャズを聞きながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。ターゲットとする年齢層は高めで、高級志向のある喫茶店のため店内は落ち着きある雰囲気となっています。

当然提供するコーヒーへのこだわりも強く抽出方法はペーパードリップよりもコクのあるコーヒーを抽出出来るネルドリップ。直営農園を含む厳選された生産者から調達したコーヒー豆を丁寧に焙煎し、独自開発のネルドリップマシンで抽出。

人気メニュー「ミルク珈琲」

上島珈琲店で人気が高いのが「ミルク珈琲」。通常のネルドリップコーヒーとは違う、ダブルネルドリップで抽出した濃厚なコーヒーを使用。2度ネルドリップをすることで雑味や酸味を抑えた濃厚なコーヒーを抽出し、そこにコクのあるミルクを加えた逸品。毎年秋から冬にかけて限定発売される日本蜜蜂のはちみつミルク珈琲も人気です。

喫茶室ルノアール

  • 名称:喫茶室ルノアール
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:90店舗
  • 価格:ルノアールブレンド640円/カフェオーレ760円

ビジネスマンを中心に人気の喫茶店「喫茶室ルノアール」。喫茶室ルノアールは、一杯600~700円と高いものの、ゆったりとくつろげるということで大人気。喫茶室ルノアールは、1坪あたり1.5席というルールを設け、1つ1つの座席、そしてテーブルをかなり間隔を空けて配置しています。間仕切りもあり、プライベート空間を確保できるということで仕事の打ち合わせや商談で利用するビジネスマンが多いのです。また、昔懐かしい大正・昭和初期の雰囲気漂うレトロな内装も大人に人気の秘密。Wi-Fiと電源を完備しており、堂々と長居も出来るのでノマドワーカーにも人気があります。

また、コーヒーはペーパードリップではなく深みのある味わいが出せるネルドリップを採用。昔ながらの濃厚でコクのある美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

人気メニュー「ハニートースト」

喫茶室ルノアールで人気があるメニューが、ハニートースト。厚切りトーストに甘いハニートーストをバターを添えた甘いはちみつをかけた逸品。シンプルながらも何度も足を通い食べたくなる美味しさ。

ベックスコーヒーショップ(BECK'S COFFEE SHOP)

  • 名称:ベックスコーヒーショップ
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:86店舗
  • 価格:ブレンドコーヒー250円/カフェラテ300円

関東を中心に展開する駅カフェ「ベックスコーヒーショップ」。JR東日本が展開するコーヒーショップで、主に駅ナカにあるカフェです。指定農園から厳選した上質な豆のみ使用し、お店で豆を挽くので駅ナカでも美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。フードメニューもサンドイッチとホットドッグなどがあり、駅でのちょっとした休憩や軽食をとるのに便利。

人気メニュー「モーニングセット」

ベックスコーヒーで人気があるのがモーニングセット。モーニングセットは全7種類あり、特にその中でもドリンクにトースト・ベーコン・スクランブルが付いた390円のモーニングセットがお得。

倉式珈琲店

倉式珈琲

画像元:倉式珈琲店HP

  • 名称:倉式珈琲店
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:65店舗
  • 価格:本日のストレート370円/倉式ブレンド370円/カフェラテ460円

美味しいサイフォン珈琲が飲める「倉式珈琲店」。倉敷珈琲店は、注文ごとに一杯ずつサイフォンでコーヒーを淹れるスタイル。一般的なサイフォンよりも多めのコーヒーを使い、細く挽いた豆を短時間で抽出し、香り高く雑味の無いコーヒーを提供しています。サイフォン珈琲を注文すればサイフォンごと座席へと運んでくれるので、ちょっとした贅沢感を味わうことが出来ます。また、世界中から厳選したコーヒー豆をストレートやブレンドで飲むことが出来るのも倉式珈琲店の魅力。

さらに倉式珈琲店はサンマルクホールディングスの展開ブランドということでパンを使ったメニューも充実しています。サンドイッチやホットサンド、パニーニサンド、クロックムッシュ、トーストといったメニューもあるのでランチや軽食にもぴったり。

人気メニュー「ボリューム玉子サンド」

倉式珈琲店で人気のメニューが「ボリューム玉子サンド」。手作りのタマゴサラダをこぼれんばかりにたっぷりとサンドした逸品。

シアトルベストコーヒー(SEATTLE'S BEST COFFEE)

  • 名称:シアトルズベストコーヒー
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:53店舗
  • ドリップコーヒー300円/SBCラテ350円

スタバ、タリーズとともにシアトル系カフェ御三家と称される「シアトルズベストコーヒー」。1971年アメリカで誕生し1999年に日本上陸。現在は関西と九州を中心に店舗展開。シアトルズベストコーヒーはかつてシアトルでNO.1に選ばれたこともある上質なコーヒー豆を使ったアレンジコーヒーが人気のカフェ。スタバやタリーズ同様に、エスプレッソベースの多数のアレンジコーヒーを揃えています。また、コーヒーと良く合うお菓子のメニューも豊富。

人気メニュー「SBCドッグ」

シアトルズベストコーヒーの定番商品は、SBCドッグ。アメリカらしいシンプルなホットドッグ。食べ応えがあり、ソーセージもジューシーで美味しい逸品。

椿屋珈琲

  • 名称:椿屋珈琲
  • サービス:フルサービス
  • 店舗数:47店舗
  • 価格:椿屋オリジナルブレンド1000円/椿屋スペシャルカフェオレ1200円

首都圏を中心に展開する高級喫茶店チェーン「椿屋珈琲(椿屋珈琲店)」。椿屋珈琲の大きな特徴は、1杯1,000円程度する高級喫茶店であること。コーヒーはマスターが一杯ずつ淹れるサイフォンコーヒー。注文するとマスターが淹れたサイフォンコーヒーを大正時代のメイド服をイメージした制服に身をまとう女性スタッフが目の前でサイフォンからコーヒーカップにコーヒーを注いでくれます。店内は大正ロマンを感じさせるような高級感ある内装とインテリア。座席・テーブルもゆったりめで静かに流れるクラシック音楽を聴きながら高級喫茶らしい特別な時間を過ごすことが出来ます。

また、コーヒー豆は自家焙煎を行っており、最も美味しいとされる焙煎5日後のコーヒー豆を使用しています。鮮度が良いので、コーヒー豆の風味をしっかりと楽しむことが出来ます。

人気メニュー「椿屋特製ビーフカレー」

椿屋珈琲の人気メニュー「椿屋特製ビーフカレー」。100年以上続く老舗の名店で料理長を務めた人が皇室に献上した時のレシピに改良を加え開発したのが、この椿屋特製ビーフカレーです。11種類のスパイス、数種類のカレー粉をブレンドし、こだわりの末に誕生したカレーは奥深い味わい。具材のお肉も柔らかく絶品です。

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ(Segafredo ZANETTI ESPRESSO)

  • 名称:セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:32店舗
  • 価格:レギュラーコーヒー340円/エスプレッソ300円/カフェラテ400円

イタリア発のコーヒーチェーン店「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」。エスプレッソの本場イタリアで誕生したお店で、現在ヨーロッパを中心に世界で600店舗以上の店舗展開を行っています。日本には1998年に上陸し、現在関東を中心に展開しています。特徴としては、イタリア発祥のチェーン店ということで、エスプレッソを中心とするメニューで、他カフェではなかなか味わえないお洒落なドリンクもあります。

人気メニュー「カフェ・シェケラート」

セガフレードを代表するメニューは当然エスプレッソ。そのエスプレッソを使ったアレンジメニューで人気があるのが「カフェ・シェケラート」。エスプレッソと氷、砂糖をシェイクして作ったイタリア版アイスコーヒーで、お洒落なカクテルグラスで提供してくれます。

カフェ・コロラド

日本の喫茶店チェーンの先駆け的存在である「カフェ・コロラド」。1972年に川崎市に1号店をオープンし、従来の薄暗いイメージのあった喫茶店を雰囲気を一新し、明るく転校的な雰囲気の新しい喫茶店のイメージを確立。現在カフェ・コロラドは地域密着型のコーヒーショップで店舗ごとにやや違いはあるものの、誰にも親しみやすい雰囲気のお店であることはほぼ共通。また、老舗喫茶店チェーンらしく、ブレンドコーヒーだけではなく、キリマンジャロやブルーマウンテン、モカといったストレートコーヒーも飲むことが出来ます。

人気メニュー「シナモントースト」

シナモントースト

画像元:食べログ(カフェコロラド堀切菖蒲園店)

コロラドの人気メニュー「シナモントースト」。バターがしみ込んだ厚切りトーストにたっぷりとシナモンシュガーがふってある商品。添えてある生クリームをたっぷりとつけていただきます。どこか懐かしさを感じる美味しさです。

ホノルルコーヒー(HONOLULU COFFEE)

  • 名称:ホノルルコーヒー
  • サービス:セルフサービス
  • 店舗数:18店舗
  • 価格:コナブレンド380円/カフェラテ400円

ハワイアンカフェ「ホノルルコーヒー」。ホノルルコーヒーは、1991年アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市で誕生。ハワイ島のコナ州でしか収穫できない希少なコナコーヒーを気軽に楽しめるカフェということで瞬く間に人気のカフェに成長。2012年に日本に上陸。まるでハワイにいるかのようなハワイの空気漂う店内でハワイ名物のコナコーヒーを飲むことが出来、さらにハワイ名物の美味しいパンケーキが食べられるということで日本でも大人気に。今では全国展開しており、ホノルルコーヒーに行くことで気軽にコナコーヒーを飲めるようになりました。

人気メニュー「マカダミアナッツクリームパンケーキ」

ホノルルコーヒーの人気メニューはやっぱりパンケーキ。その中でも特に人気が高いのが「マカダミアナッツクリームパンケーキ」。マカダミアナッツクリームをたっぷりとかけたパンケーキ。甘さは丁度良いぐらいで、マカダミアナッツの香ばしさもあり、とても美味しく食べられる逸品です。

ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)

アメリカからやってきた新鋭のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」。ブルーボトルコーヒーは、世界中を席巻するサードウェーブコーヒーの先駆けであり、スティーブ・ジョブスと同じく自宅のガレージから事業を始めたということでコーヒー界のAppleとも呼ばれている存在です。

ブルーボトルコーヒーの大きな特徴は、鮮度の良い豆のみを使って提供していること。バイヤーが最も美味しいとされる豆を厳選して調達し、その豆の持つ個性を最大限に引き出せるような焙煎を行い、その焙煎から48時間以内の新鮮な豆のみを使ってコーヒーを淹れるので、いつでも鮮度の良いコーヒーを飲むことが出来ます。コーヒー豆本来の良さをしっかりと引き出して、それを香りや味で表現してくれるので、コーヒー好きにはたまらないお店です。

人気メニュー「ニューオリンズ」

ブルーボトルコーヒーでは、ドリップコーヒーやエスプレッソ、カフェラテ等も人気ですが、特に人気なのが「ニューオリンズ」。ニューオリンズとは、16時間以上かけて丁寧に水出しで抽出したコーヒーを使ったアイスコーヒー。チコリで風味付けをし、ミルクとシュガーを加えたもの。フランスのカフェ・オレのような飲み物です。

お気に入りのコーヒーショップを見つけてみよう

コーヒーショップ

コーヒーチェーン店と言っても日本国内には様々なタイプのコーヒーチェーン店があります。それぞれに良さがあるので、自分好みのチェーン店を是非見つけてみましょう。

Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2021 All Rights Reserved.